体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おふとんの中で戦慄の体験を 株式会社闇が『金縛りVR』のクラウドファンディング開始[ホラー通信]

怖すぎる企業サイト(記事:http://horror2.jp/10487)で話題となり、その後数々のホラー×テクノロジーコンテンツを手がけてきた株式会社 闇が、先日の4/1にホラーVR制作のクラウドファンディングをスタートした。

ひねりの効いたコンテンツを提供してきた株式会社 闇が今回制作しようと目論んでいるのは、その名も『金縛りVR』ユーザーが布団に入り、前から左右から悪霊が襲いかかってくるのを身動きがとれないまま体験するという鬼畜VRである。もうやだ、おうちに帰りたい。エイプリルフール当日の発表ではあったが完全なる本気(マジ)のようだ。

悪霊たちが襲いかかってくる様は映像だけでなく立体音響を使って表現され、真に迫った恐怖体験ができる。この体感要素はクラウドファンディングの支援金額によって強化されていくという。
また、寝ながら体験するVRのため、動き回るVRと比べて酔いにくいという利点も挙げられている。VR酔いせずにはっきりとした意識で恐怖を存分に体験できるということだ。筆者は内容を読んでいるだけで目眩がしてきた。

支援額は3000円から。東京・大阪で行われるVR体験会には4000円から参加できる(※早割金額)。会場に行けない方のためにYouTubeで簡易的に体験できるコースもあるので、自宅のお布団で楽しみたい方はそちらを選択するのもよいだろう。

すべてのリターンの詳細は『金縛りVR』クラウドファンディングページをご覧あれ。

リンク:株式会社闇『金縛りVR』クラウドファンディングページ

※『金縛りVR』クラウドファンディングページより

ホラー × テクノロジー=ホラテクをテーマに、新しい恐怖感動を作り出す会社、株式会社 闇です。今回「金縛り」をテーマとした最恐のホラーVRを作るため、クラウドファンディングをスタートいたします。必ずみなさんが怖がり、楽しめるVRの制作をタス@ケ??け ては呪Жワレています。

製作者がすでに呪われている気配を感じさせており心配である。

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。