体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「一生もの」「動力は真心と温もり」 4歳の子どもが贈った腕時計が「最高にクール」と話題に

watch_present_01

ビジネスマンのステータスとして腕時計にこだわる人も未だに多数いますが、ある『Twitter』ユーザーが自身の時計を披露。それがステキだと話題になっています。


ビジネスマンたるもの腕時計にはこだわりを持つべきだ
私の今の愛用は次男(4歳)に貰ったこれだ
良い時計は心も腕も軽く感じられる。
街中や電車内でも皆からの視線を感じるし
何より、待ち合わせにまるで間に合わなくなった。
さぁ、またおやつの時間だ。

子どもが作ったというライトグリーンの腕時計! 3時を指しているところがなんだか可愛くて微笑ましくなる一品です。これを見たユーザーからも、「一生ものの時計」「どこで買えますか?」といった声が続出。さらには動力についてこんな推測も。


真心か温もりではないしょうか

子どもからのプレゼントを身につけていることについても「最高にクール」と称賛の声が上がっていたお手製腕時計。カラーについても「若々しい雰囲気を出しつつ派手すぎない」という感想もあり、「次期モデルは防水仕様で」といった要望(?)もありました。いずれにしても、家族の仲の良さを感じさせるステキな時計なのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/Casper_XRP/status/980573977289437184 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。