体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Fitbitのスマートウォッチ『Fitbit Ionic』のアディダスエディションが4月11日発売へ 6種のワークアウトをコーチングする独自アプリを搭載

Fitbitのスマートウォッチ『Fitbit Ionic』のアディダスエディションが4月11日発売へ 6種のワークアウトをコーチングする独自アプリを搭載

フィットビット・ジャパンは、スマートウォッチ『Fitbit Ionic』のアディダスエディションを4月11日に発売します。Amazon、『ビックカメラ.com』、『ヨドバシ.com』で先行予約を開始しており、価格は3万9830円(税込み)です。

『Fitbit Ionic』は、心拍計『Pure Pulse』による心拍数計測、GPS、歩数や睡眠の計測、エクササイズの自動認識、運動を促すリマインダーやスマートフォンの通知といった活動量計の機能を搭載。パーソナルなコーチング機能、2.5GBのストレージに300曲以上を保存できる音楽再生機能が利用できるほか、“クロックフェイス”と呼ぶ文字盤やアプリをインストールしてカスタマイズが可能。

3月にFitbit OS 2.0へのアップデートを実施し、健康状態とフィットネスデータ、メッセージやヒント、ガイダンスが一目で分かるUIを採用したほか、ストリーミング音楽サービス『Deezer』のプレイリストを再生できる連携も開始しています。

『Fitbit Ionic:アディダスエディション』は、シルバーグレーのアルミフレームや、インクブルーとアイスグレーの2色構成で通気性があるスポーツバンドを採用。マラソンや短距離走で着用するゼッケン(ビブ)をモチーフにアディダスがデザインしたクロックフェイスを4色、設定することができます。

ワークアウトをコーチングする独自アプリ『adidas Titan』を搭載。「ダイナミックウォームアップ」「パワーベース」「メタボリック」「ランアクティベーション」「ストロングストライド」「ランニング終了後のストレッチ」の6種類のワークアウトに対応します。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。