体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気コスプレイヤー3人から始まったコスプレプロダクション“12COMPANY” 社長の麗華が語る“プロコスプレイヤー”の定義

国内外で活躍する現役コスプレイヤーの麗華さん、五木あきらさん、KANAME☆さんの3人によって設立されたコスプレプロダクション“12COMPANY”の本格始動が2018年3月20日に発表されました。

同社には、様々な作品の公式コスプレイヤーやイベント出演、雑誌や商品モデル、衣装製作・監修などで長年活躍してきた3人のほか、うらまるさん、あんにゅい豆腐さん、せんじさん、まめだいふくさん、ひのきおさん、えい梨さんの人気コスプレイヤー6人が所属(2018年3月現在)。

9人合わせた『Twitter』や『Facebook』などのSNSのフォロワーは述べ120万超となっており、コスプレの持つ本来の趣味やファンアートとしての側面、世界と日本での違いを理解した運営を強みに、企業のコスプレイヤーを用いた作品や商品プロモーション活動を手伝うため設立しました。

同社の社長を務め、世界42か国以上のコンベンションに出演し、コスプレの世界大会では審査員も担当する麗華さんに、設立の経緯と“プロコスプレイヤー”とは何なのかをお聞きしました。

3人がそろったから立ち上げるしかないと思いました

ーー会社は3人からのスタートだったと聞きましたが?

麗華 五木あきらちゃん、KANAME☆さんとは元々、知り合いだったんですよ。五木あきらちゃんが、「自分達の事務所を作りたいね」と言ったことがきっかけでした。海外のコスプレイベントに何度か一緒に出て、彼女のコスプレに取り組む姿勢を見ていて、いいなと思っていたので「うん、あきらちゃんと一緒にやれたらいいね」と答えたら、「麗華さんが社長やってくれたら超嬉しいんだけどなぁ」と言ってくれて。

私もずっとコスプレ業界にいて、個人のコスプレイヤーと企業のマッチングの難しさを見てきて「もっとコスプレの可能性を広げたい」と思っていたので、やってみたい気持ちが強かったです。そこで、三本の矢の逸話がありますから、もう1人、それも男性のコスプレイヤーが必要だと考えて、志が似ていて一緒にやることで広がりそうなKANAME☆さんを誘いました。「その2人がやるって決めたならならやるでしょ!」と即答してくれたので、「3人そろったからやるか!」と。そこから立ち上げるまで3か月弱と早かったですね。

これまでお仕事でご一緒させて頂いた企業の方々にも相談して、サポートも頂きながら2017年12月に設立しました。会社の名前は「コスプレイヤーとしてどんな色にもなれるぞ」という意味です。「鉄は熱いうちに打て」の精神で、3人集まった時の勢いを大切にしたので立ち上げられたのだと思います。

ーー個人で感じたお仕事の限界とはなんだったのでしょうか?

麗華 どんなに良い子でも個人だと、企業としては仕事を頼むのにリスクがあるんです。私がクライアントの方から聞いた話ですが、大きなイベントのコンパニオンを個人のコスプレイヤーに頼んだものの、集合時間に家で寝ていたことがあったそうです。衣装はその子が持っていて、挙げ句の果てに「遅刻したから恥ずかしくて行きたくありませんって言われた」とか。

企業がそういうことを一度でも経験したら、もう個人に頼まなくなりますよね。当日来なかったとしても、責任を取るのはその子を選んだ企業になってしまいますから。それが会社同士の契約であれば、事務所に電話して「今すぐ代理のコスプレイヤーをよこして」とも言えるじゃないですか。現状、コスプレイヤーが個人として受けられる仕事はもちろんありますけど、企業としては直接会って「この子大丈夫そうだな」という見極めから段階を踏んでいく必要があります。なので、大きな案件であるほど個人には頼みづらい傾向があります。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy