体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3万円を切るエントリーモデルの『GoPro』新製品『HERO』が4月2日に発売 1440pのHD画質でタッチパネルディスプレイ搭載

3万円を切るエントリーモデルの『GoPro』新製品『HERO』が4月2日に発売 1440pのHD画質でタッチパネルディスプレイ搭載

GoProはアクションカメラ『GoPro』シリーズのエントリーモデル『HERO』を発表。4月2日に国内正規販売店で発売します。価格は2万9800円(税込み)。

2インチのタッチパネルディスプレイを搭載、10m防水に対応。4Kには非対応で、1440p60/1080p60 のHD動画、1000万画素の静止画の撮影に対応。

4K対応でディスプレイ非搭載の小型モデル『HERO5 Session』とディスプレイ搭載の上位モデル『HERO5 Black』は昨年12月に値下げを実施、それぞれ価格は2万6000円(税込み)と3万7000円(税込み)。最上位モデル『HERO6 Black』は5万3784円(税込み)で販売されています。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。