体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SF映画+恋愛要素が新鮮! その色彩美に脳がブッ飛ぶ『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』:映画レビュー

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』を観ました。作品内容と見所をレビューと共にお届けします!

【ストーリー】
西暦2740年。銀河をパトロールする腕利きのエージェント、ヴァレリアンは同僚の美女、ローレリーヌに首ったけ。忙しい任務の合間を見てはあの手この手でアプローチを試みるが、愛しの彼女は一向に振り向いてくれない。
そんなある日、二人が向かった巨大宇宙ステーション”千の惑星都市”が放射能に汚染されていることが判明した。全種族が死滅する危機を「10時間以内に救え」という極秘ミッションを託されたヴァレリアンたちの前に突如現れたのは、
30年前に消えたはずの平和な惑星パールの住人たち。彼らの思惑とは一体…?
果たしてヴァレリアンは銀河の危機を救い、ローレリーヌにプロポーズすることができるのか―!?

監督:リュック・ベッソン

ヴァレリアン:
ローレリーヌ:カーラ・デルビーニュ
フィリット司令官:クライブ・オーウェン
バブル:リアーナ
客引きジョリー:イーサン・ホーク

http://www.valerian.jp

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=_EoqLbSCyqg [リンク]

(C)2017 VALERIAN S.A.S. – TF1 FILMS PRODUCTION

色彩美にクラクラ! CG、セット、そして俳優全てが美しいのでオールオッケー!

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

「宇宙で、ブッ飛べ。」これ、この映画をすごく的確に表しているコピーだと思うんですよね。ちょっとおかしなコピーをつけるとすぐ文句を言われるのに、良いコピーの時はあまり褒められないのはなぜでしょう? なんて思いつつ。「宇宙で、ブッ飛べ。」、これだけでも覚えて帰ってくださいませ。

まず「ヴァレリアン」とは何か。というと、1967年にフランスで生まれ、全23巻を創刊した原作コミックの名前です。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

そして、この主人公の名前でもあります。つまり「ハリーポッター」みたいなもんですね。

この原作コミック「ヴァレリアン」は『スター・ウォーズ』にも影響を与えたと言われており、その独特の世界観から“映像化不可能”と言われてきたそうです。筆者はこの原作を恥ずかしながら知らなかったので、映画を観た後に読んだのですが、なるほど、このカラフルで大胆なんだけど繊細に描かれたキャラクターや舞台を映画化するのは並大抵な事では無いぞと思いました。

『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』というタイトルにあるとおり、この物語の舞台には千の惑星が登場するのですが、惑星ごとにガラリと環境や住んでいる人(生物)達が変わります。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

まさにこの世の楽園!という惑星ミュールの描写から、

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。