体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子どものために「ランドセルに入れやすい薄くて頑丈な水筒」を探した結果…… 「ハードボイルドすぎる」「これを入れて登校したかった」

suito_skittles_01

外出先に水筒を持っていきたいけれど、バッグの容量的な問題がある……。そんな人にとってある答えが、長崎県佐世保市のアニソンクラブイベント『グノセミナ』を主宰しているていぽんさん(@teipong)が『Twitter』で提案。それを見たユーザーをザワッとさせていました。


毎日子供が学校に水筒持って行くんだけど「ランドセルに入れにくい、もっと薄くて、頑丈な水筒は無いのか!?」って探し回って出た答えがこれ。

これは……アルコール度数の高いウイスキーやウオッカなどを入れるのに最適なスキットル! これには「ハードボイルドすぎる」「ワイルド小学生」といった声が上がっていたほか「たしかに機能的」といった反応が寄せられていました。「自分もこれを入れて登校したかった」「会社で飲んでみたい」といった声もありましたが、実際にやっていた人も。


わかるw 私これにエスプレッソ入れて持ち歩く事よくあるw コーヒー飲むと頭痛がおさまるから薬代わりにしてたんだけど、おもむろに取り出して飲むとアル中にしか見えないw

「ほしい」「買おうかな」といった声も多数上がっていた一方、「夏に氷を入れられない」「量が入らない」「洗いにくい」といった欠点も上がっていたスキットル。中には次のようなツイートも。


本気でスキットルを水筒として使うなら、中や飲み口が非常に不潔になりやすいのでお気を付けください。

本来お酒を入れる用の水筒なので、「子どもが取り出したら周囲がアセる」「先生に止められそう」など「アカン」という意見も寄せられていましたが、 ていぽんさんも本気ではなかったようで、続けてこのようにツイートしていました。

実際はランドセルの横に付けるこれを買います

思わぬ形でネットで話題になったスキットル。35度以上のアルコールを入れることを前提にしている製品が多く、ノンアルコールの飲み物を入れると雑菌がつきやすく、洗う際に酵素系漂白剤を使わなければいけないといったコツがあるので、欲しい人は注意が必要です。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/teipong/status/976738352656302080 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。