体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

舞台は平安の都 劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』今秋公開決定!ティザーPV解禁

template_postcardQOMOTE

大人向けの特撮シリーズとして誕生し、アニメなどさまざまな展開を遂げている『牙狼<GARO>』シリーズ。この度、新作劇場アニメ『薄墨桜 -GARO-』が今秋新宿バルト9ほか全国ロードショーとなることが決定しました!

『TIGER&BUNNY』や『電影少女』など数々の名作を生みだし続ける人気漫画家・桂正和先生がメインキャラクターデザインを手がけ、脚本は『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』で綿密なストーリーを作り上げる小林靖子さん、監督は『うしおととら』『はじめの一歩』などで臨場感あふれる作品を作り上げる西村聡氏が務めるなど、豪華クリエイター陣が揃いました。

そして主演は、『牙狼 -紅蓮の月-』などで実写・アニメ声優をこなす実力派俳優・中山麻聖さん。

洋風の世界観が多い『牙狼<GARO>』シリーズですが、今作は『牙狼 -紅蓮の月-』のように和の世界観で平安の世、栄華を誇る美しき都「京」が舞台。

解禁となったティザーPV&ティザービジュアルは哀しくも儚い美しい桜が咲き乱れ、佇む一人の美しい女―。彼女はどこから来たのか……そして「貴方に出逢わなければ――」という意味深なコピー。

PVではその美しい戦闘シーンと、「あの、どこかで会ったかな……」の主人公らしきセリフも聞くことができます。


『薄墨桜 -GARO-』ティザーPV/GARO PROJECT #149
https://www.youtube.com/watch?v=Ve1YH1oofLA&feature=youtu.be[YouTube]

3月24日(土)、25日(日)に開催のAnimeJapan 2018東北新社ブースにて、本日解禁されたティザーPV&ティザービジュアルが掲出されるほか、ブースにてビジュアルの特製ポストカードも配布予定。

今度はどんな『牙狼<GARO>』ドラマが描かれるのか。この秋その全貌が明らかに!

「薄墨桜 -GARO-」作品概要
【公開表記】
今秋 新宿バルト9ほか全国ロードショー

【イントロダクション】
平安の世、栄華を誇る美しき都「京」。
見目麗しき二人の陰陽師が出会う時、
哀しくも儚い美しい桜が
1000年の時を経て咲き乱れるー。

【スタッフ】
原作:雨宮慶太
監督:西村聡
脚本:小林靖子
メインキャラクターデザイン:桂正和
主演:中山麻聖

「薄墨桜 -GARO-」公式HP:
garo-usuzumizakura.com

(C)2018「薄墨桜」雨宮慶太/東北新社

nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy