体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スピルバーグ監督が小国の国家予算レベルを稼ぎ出しちゃってる件 最新作『レディ・プレイヤー1』は4/20公開

sxsw

映画の宣伝文句でよく聞く「全米No.1ヒット」。「初日の興収」「週末の興収」「ティーンの動員数」など、その切り口によって様々な「No.1」を生み出す“からくり”があったりするのですが、ハリウッド映画界において問答無用のNo.1だと断言できるのが、巨匠スティーブン・スピルバーグ

『E.T.』『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』などを手がけた彼は、米国で公開された映画の歴代監督において、トータル興行成績が史上最も高い監督なのです。

監督作の総額は45億3180万9525ドル(Box Office Mojo 3/5時点調べ)。なんと日本円にして約4780億円。2位のマイケル・ベイ監督(『トランスフォーマー』シリーズなど)が記録する23億2650万9503ドルと比べ、約2倍もの差をつけてぶっちぎりの1位を独走しています。

ちみにスピルバーグはプロデューサーとしても活躍しており、こちらの記録はマーベルシリーズを手がけるケビン・ファイギに次いで2位。75億4810万3966ドル、日本円にして約7962億円を稼ぎ出し、監督とプロデュース作品を合わせるとなんと1兆円を超える空前絶後のヒットメーカーなのです。

その知名度もさることながら、この圧倒的な数字を見せつけられると、彼こそがNo.1だと認めざるを得ないでしょう。

rp1_main

そんなスピルバーグが、監督最新作『レディ・プレイヤー1』で初めてVR(バーチャル・リアリティ)の世界に挑戦。劇中で描かれるVR世界“オアシス”では、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンや『AKIRA』に登場する金田のバイク、そして『ストリートファイターⅡ』のキャラやキティちゃんに至るまで、日米の超有名アイコンたちが共演することでも話題に。

米テキサス州オースティンにて先日開催されたサウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)ではサプライズのファンスクリーニングが実施され、早くも熱狂の声が漏れ伝わってきております。

ハリウッドNo.1監督の輝かしい経歴に新たな1ページを刻む『レディ・プレイヤー1』は、4月20日(金)全国ロードショー。

映画『レディ・プレイヤー1』公式サイト:
http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

※トップ画像はSXSWに登場したスピルバーグ監督
(c)2018WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。