体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚前に同棲は不可欠!? 賛成派「家の汚さの許容範囲は一緒に住まないとわからない」 否定派「子どもができても家計が折半になることが多い」

marriage_partner_01

結婚に至るまでのプロセスはさまざまですが、ある『Twitter』ユーザーが結婚相手におすすめの要件をツイート。特に同棲の必要性については意見が分かれていました。


結婚して3年目だけど、結婚相手におすすめなのは
・顔がタイプ
・家事シェア精神がある
・親が変な人じゃない
・許せる家の汚さレベルが一緒
・働いている
を満たす人だと思ってる。同棲は不可欠派。仕事がんばりたい女子は自分の収入で生きていく気概を忘れないほうがいいと思うな。依存はしんどい

このツイートには「すごく参考になる」という声が複数上がっていたほか、同棲については「許せる家の汚さは一緒に住んでみないとわからない」「同じ銀行口座を持ってわかることもある」「ホントにダメだと思ったなら入籍前に別れればいい」といった意見が上がっていました。

一方で、同棲否定派も。別のユーザーは次のようにツイート。


同棲時代はずっと折半だったので子どもができても、支払いや家事負担を同様に求める男性は多いです。

女性は子ども優先にシフトできますが、男性は産後の負担増がすごく不満になるみたい。

同棲出身のママ友は、毎回支払いをお願いして、独身時代の貯金を切り崩してるわ。

ほかにも、「同棲は地獄だった」「その期間を決めるべき」といった声があり、「自分と相手とのルールのすり合わせができるなら必須ではない」といった意見もありました。

また、「全てを満たせた人と結婚できるのはすごい」「両方がお互いにこれをある程度満たす人はすごい確率では」といった声も。中には「自分の親が変なので詰んだ」といった人も……。

とはいえ、結婚相手の条件としては次のツイートに集約されているのではないでしょうか。


結婚して18年目だけど、結婚相手におすすめなのはこんなことよりも、何があっても味方でいてくれる人で、尊敬できる相手であればあとはどうでもいい。

人生における大きな節目である結婚なので、考え方は人によってさまざま。結婚を機に接し方が変わるケースもあるので、女性にとってはそういった時のために仕事を続けるということが大事なのではないでしょうか。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/nagachiharu/status/974846509672939520 [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。