体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「まさかこんな事になるとは思わなかった」天から降ってきたような結婚の衝撃……突然のことに思考と感情がバラバラになる妻 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

家族ぐるみで婚活も!?プリンセスと結婚したい男たちの横顔

気弱な源氏の兄・朱雀院の溺愛する女三の宮。出家を前になんとかこの娘を結婚させたいと思う父ですが、なかなか相手が決まらない。今回はその候補者側の様子を見てみましょう。

朱雀院と源氏の弟の蛍宮は、玉鬘を髭黒に奪われた後、彼女の上位互換となりうる女性と結婚したいと思っていました。もともとは最愛の奥さんを亡くして、その後妻を探してのことなので、思えば彼の婚活人生も長いですね。身分や人柄に問題はないが、芸術家らしく繊細で不安定な面が心配です。

藤大納言という人は、長く朱雀院のお世話を務めた担当官です。しかし院がお寺に行ってしまうと彼も仕事がなくて今後が不安。それなら宮さまを頂いて、こちらにお仕えすれば安泰だ、という魂胆のよう。いくら真面目に奉仕を誓ったところで、求婚者たちの中では身分が最も低く、釣り合わないのが問題です。

頭の中将の長男・柏木は以前から「藤原家の跡取りたる自分は、適当な女とは結婚しない!結婚するなら皇女さまと」と公言しており、父の頭の中将も「そうなれば我が家にも名誉」と積極的。叔母の朧月夜経由でロビー活動を行ったりと、家族ぐるみで婚活を頑張っています。夕霧同様、将来が楽しみな若者ですが、いかんせん現在の身分が物足らないのが残念です。

夕霧も、先日のお見舞いの時に脈アリだったのを感じて「もし僕に話が回ってきたら、その時は……」と思わないこともない。でもやっと雲居雁と一緒になったのに、そこへ宮さまが加わったら大変なのは明らか。自分から積極的に行く気はありません。奥さんが一番だけど、よそ見する気持ちも捨ててはいない……夕霧も男だねえ。

結局、迷いに迷って決めきらない院に、息子の皇太子は「慎重に検討すべきかと思いますが、やはり安心な源氏の君になさっては」とアドバイス。院はこの意見に後押しされて、もう一度源氏に打診してみることにします。怖いお母さんに仕切られて来た彼ですが、なんとここでは息子にまで! 気が弱いにも程があるというか、頼りないです。

「そういえば……」思わず口にした最愛の女性の名

ついにお鉢が回ってきた源氏。「大変お気の毒だが、兄上は私がどれだけ長生きできると思っておいでなのか。3歳しか違わない兄弟なのに、私と結婚したところで、近い将来宮さまが未亡人となられるだけではないか。結婚ということでなくても、兄上のお子さま方はみなお世話をするつもりだよ」。

それでも使者が言葉を重ねて説得すると、さすがに同情して「本当に大切な愛娘でいらっしゃるのだね。それならいっそ、帝の後宮にお入りになっては。一番後から後宮入りして誰よりも寵愛される例もあることだ。現に帝の母上、藤壺の宮がそうだった」。

例として引き合いに出した藤壺の宮の名。そして、言いながら源氏はあることに気が付きます。「……そういえば、宮の母君は藤壺の宮の異母妹。確か姉君の次に美しい方だったとか。どちらに似ても、宮は大変な美貌なのだろうね」。

源氏は断るどころか、含みをもたせた回答に終わります。そうさせたのは“思わず口にした”最愛の女性、永遠の恋人の存在でした。

恋の鞘当て……兄弟の葛藤のもとになった女性たちの影

ほどなく年末になり、体調が回復しない朱雀院は女三の宮の裳着を決行。その儀式は“過去にも未来にも例がないほど”盛大なものです。

各方面からお祝いの品が届く中、秋好中宮からも贈り物がありました。その昔、彼女が伊勢斎宮になった時に、朱雀院(当時は帝)がお別れの儀式で挿して下さった櫛をアレンジしたものです。「さしながら昔を今に伝ふれば 玉の小櫛ぞ神さびにける」。時間が経ってしまいましたが、と添えてあります。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy