体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“甘くない”カフェラテを飲みたい人にピッタリ! 『ジョージア ヨーロピアン ビターカフェラテ』発売

dsc_0726

猿田彦珈琲による監修でおなじみの『ジョージア ヨーロピアン』シリーズから、砂糖・甘味料を一切使用していない『ジョージア ヨーロピアン ビターカフェラテ』が登場。3月19日(月)より全国で発売されました。

dsc_0732

酸味が少ないブラジル豆を採用した『ビターカフェラテ』は、深煎り焙煎でエスプレッソ抽出したコーヒーと国産牛乳100%の深いコクが楽しめる仕上がりに。ダークブラウンとミルキーなホワイトが混じり合うビジュアルが、甘くないカフェラテのまろやかな味わいを感じさせるパッケージとなっています。

dsc_0737

「淹れたてのような香り」をコンセプトに『香るブラック』、『カフェラテ』、ほのかな甘さが楽しめる『ヴィンテージブレンド』、甘さひかえめの『熟練ブレンド』など、そのラインアップを広げてきた『ジョージア ヨーロピアン』シリーズ。甘さを抑えた『ビターカフェラテ』が加わったことで、コーヒーの好みやその日の気分で飲み分けしたいというニーズに新たな選択肢が増えました。

さっそく試飲してみた編集部スタッフの感想は?

・甘くないのが珍しい。

・仕事中は甘くないカフェラテ、リラックスしたい時には甘いカフェラテと飲み分けられるのが嬉しい。

・普段はブラック派だけど、カロリーを気にせず飲めるから気分によって選んでみても良いかも。ミルクがしっかり味わえるので、ホットで飲んでも美味しいと思います。

・口に入れた瞬間はミルク感が強いので、全体はやさしい味になるのかと思ったら、後からコーヒーの苦みが効いてきて大人っぽい味に。意外性が楽しい。

・リッチなミルクの味がするので、小腹が空いて、でも甘い物は食べたくないときによさそう。

・何も食べられない二日酔いの朝にいいかも。

『ジョージア ヨーロピアン ビターカフェラテ』は、ボトル缶260mlとボトル缶370mlのサイズ2種で、それぞれ希望小売価格(税抜き)140円、151円で販売しています。

『ジョージア ヨーロピアン』ブランドサイト:
http://www.georgia.jp/european/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。