体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本語学者が解説した「了解しました」と「承知しました」の差に反響続々 国語辞典編纂者は異を唱える

2018-03-15

度々論争が起こる「了解しました」と「承知しました」の使い分け問題。ビジネスシーンなどで目上の人に「了解しました」と言うのは失礼にあたる可能性があるとのことだが……

関連記事:「承知しましたと了解しましたの違い分かってる?」と言われて学生が返した言葉は? 「日本語難しい」「ビジネス敬語は大嫌い」と反応続々
http://getnews.jp/archives/2015514リンク

3月14日放送のバラエティ番組『この差って何ですか?』(TBS系)にて、「了解しました」と「承知しました」の差が紹介され反響が集まっている。

「目上の人」が「目下の人」に使うか「目下の人」が「目上の人」に使うかどうかの違い。「了解しました」は、「目上の人」が「目下の人」に使う。「承知しました」は、「目下の人」が「目上の人」に使う。

「了=終わらせる」、「解=理解するとなり」、「了解しました」には話を理解して終わらせるという意味がある。終わらせる権限があるのは「目上の人」だから、「了解しました」は「目上の人」が「目下の人」に使う言葉。「承」は、「承る=聞くの謙譲語」で、自分を下げる言葉であるため、「目下の人」が「目上の人」に使うのが正しい。

と、番組に登場した漫才師・日本語学者のサンキュータツオ氏が解説した。

これに対しネット上では、「了解しましたって目上の人に使ったらダメなんか…?」「えっ、知らなかった普通に了解って言葉使ってたわ」「意味を知ったら“了解”のLINEのスタンプが使いづらいわあ」と困惑する視聴者も少なくなかったようだ。

なお、日本語学者・国語辞典編纂者の飯間浩明氏は『Twitter』(@IIMA_Hiroaki)で、「『了解いたしました』がべつに失礼ではないという話は以前にもしましたが、あまり誤解は解消されていないようです。改めてまとめを作りました。不必要な軋轢(あつれき)がなくなることを願うばかりです。」と、丁寧な解説付きの画像を添えて述べている。


飯間氏の説明によると、確かに「了解」に敬意は入っていないが、「了解いたしました」と謙譲を表す「いたしました」を付け加えることで失礼にはあたらないという考えもあるようだ。

また、同番組では「十分(物理的に満たされている状態)」と「充分(精神的に満たされている状態)」といった何気ない日本語の違いも解説され、目から鱗が落ちた人が多かった様子だ。

※画像は『Twitter』より引用

しばざきだいすけの記事一覧をみる
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。