体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジブリ感満載の『Way To The Woods』 『千と千尋の神隠し』と『もののけ姫』に影響受けた開発者はまだ18才

発売前なのにトレイラーを見ただけでプレイしたくなるゲームとか、見たくなる映画ってありませんか?

Way To The Woods Announcement Trailer(YouTube)
https://youtu.be/rLfr8Kr5mG4

ジブリ感満載の映像なので、最初はアニメのトレイラーかと思ったのですが、筆者がプレイしてみたいと思ったのが来年発売予定の『Way To The Woods(以下、本作)』という3人称視点のアドベンチャーゲームです。開発者のAnthony Tan氏(以下、同氏)は、驚いたことにまだ18才!

海外のゲーム情報サイト『Polygon』によれば、オーストラリア・メルボルン在住の同氏がまだ16才だった2016年にイギリスのパブリッシャー、Team17と本作のパブリッシング契約を結んだということです。

同氏は公式サイト上で、鹿の親子が本作の主役、PCとコンソール向けにリリースしたい、発売時期は2019年早々、『Unreal Engine 4』をベースに開発中、『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』『The Last of Us』にインスパイアされたといったことを公表しています。その他ゲーム内容やストーリーなどの詳細に関しては不明です。

『Way To The Woods』公式サイト
http://www.waytothewoodsgame.com/

オープニングシーンですが、舞台は日本の無人駅でしょうか。

色使いのせいか、ゲームというよりアニメに見えてしまいます。

自販機があるということは舞台はやはり日本?

鹿のツノが光っていることと、トレイラー序盤の「All of the lights will guide you(すべての光が導いてくれます)」というセリフはなにやら関係がありそうです。


同氏は、トレイラーと同時に『Twitter』上でスクリーンショットも公開しました。


トレイラーの公開まで2年かかったそうですが、ゲーム完成までにまだまだやることが山積みのようです。

ジブリ感満載のトレイラーを見て本作をプレイしたくなった人は筆者だけではないでしょう。出来ればPCとコンソールだけでなく、スマホ向けにも移植してくれたらなと思います。

※画像:『Way To The Woods』公式サイト及び『YouTube』より引用
http://www.waytothewoodsgame.com/
https://www.youtube.com/watch?v=rLfr8Kr5mG4

※ソース:
https://www.polygon.com/2018/3/5/17080648/way-to-the-woods-trailer-release-date-pc-consoles
https://www.polygon.com/2016/1/27/10835382/way-to-the-woods-team17-publishing-deal-reddit

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 6PAC) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。