体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTCの新VRヘッドセット『VIVE Pro』を使ったアクティビティ『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』を体験してきました

HTCの新VRヘッドセット『VIVE Pro』を使ったアクティビティ『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』を体験してきました

VRアクティビティ施設“VR ZONE SHINJUKU”は、3月9日から新アクティビティ『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』の稼働を開始します。3月1日には、こちらで採用されたVRヘッドセット『VIVE Pro』の先行体験会が開催され、同アクティビティの試遊が可能に。一足早く遊んできたので、レポートをお届けします。

galagafever2

『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』は、1981年に稼働を開始したナムコのアーケードゲーム『ギャラガ』をアレンジしたVRシューティングアクティビティ。

galagafever3

HTCが1月の『CES2018』で発表し、日本未発売の新VRヘッドセット『VIVE Pro』をいち早く採用。高解像度で迫力ある映像と、パワフルなサウンドが楽しめます。

『VIVE Pro』の詳細はコチラ:
HTCの新VRヘッドセット『VIVE Pro』がお披露目 解像度と付け心地が進化した『VIVE』の上位機種
http://getnews.jp/archives/2022339[リンク]

galagafever4 galagafever5 galagafever6

天井からぶら下がった“ベースステーション”が照射するLED光源をヘッドセットとVRガンのセンサーが検知して、プレイヤーやガンの位置を検出する仕組み。

galagafever7 galagafever8

ゲーム内容は、マッド博士が開発した特注エレベーターで地上150mの高さに上昇し、攻撃による足場の崩落に気を付けながら、地球を襲う大量のギャラガをさまざまな武器で撃退する、というもの。アーケードゲームを思い出させるインストラクションカードが、ちょっと懐かしい雰囲気。

galagafever9 galagafever10

ネオンカラーの3Dピクセルで表現されたギャラガは、破壊するとキラキラしたキューブ状に弾けて夜空に広がり、打ち上げ花火の中にいるような爽快感が味わえます。最大3000機のギャラガが同時に登場するド迫力のVR映像は、高解像度の『VIVE Pro』ならではの表現力。

galagafever11

超巨大ギャラガと対峙するボス戦も。プレイの模様は動画でご覧ください。

『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』プレイ映像(YouTube)
https://youtu.be/JGhdNiOZ1mg

懐かしくて新しい『ギャラガ』が楽しめる『大量破壊VRシューティング ギャラガフィーバー』。ゲーセンで『ギャラガ』を遊んだ筆者の世代も、3Dゲームで遊ぶのが普通な子供たちも一緒に楽しめると思います。ちなみに個人的には、プレイ前に「自機がキャプチャーされたりするんですか?」と質問したところ、説明員の方に話が通じなかったジェネレーションギャップが衝撃でした(笑)。

VR ZONE SHINJUKUでは、一般社団法人ロケーションVR協会が1月に定めたガイドラインに沿って、VRアクティビティの年齢制限を13歳以上から7歳以上に改定。この春休み、親子そろって楽しめる人気アクティビティになりそうです。

VRシネマティック アトラクション ギャラガフィーバー – VR ZONE SHINJUKU
http://vrzone-pic.com/activity/galagafever.html

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。