体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「どうして私が産んだ子ではないんだろう」8年ぶりの母娘の再会と2人の母親の間で語られたこと ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

子どもたちの人生に思う、長い年月と後悔

春が過ぎ、今年も葵祭がやってきました。源氏は紫の上とともに祭りに参加。花散里や明石の上も誘ったのですが、彼女たちは紫の上のオマケ程度になるだけだと思って同行を避けています。

祭りの花形、勅使を務めるのは柏木です。いつかの自分もああやって威儀を正して行進したが、その時に正妻側が愛人の車をぶち壊す修羅場が繰り広げられていたとはつゆ知らず。忘れがたい事件だけに、源氏の話はどうしてもそちらへ向かいます。

「思い上がりが招いた辛い事件だった。結局、葵上は六条御息所の恨みを受けたように亡くなった。……しかし今はどうだろう。

かの六条の御娘、秋好中宮は国母となり、葵上の産んだ夕霧は何とか一人前になった程度。子どもたちの人生は全く逆転してしまった。本当に、人生とはわからないものだね。

私ももう39だ。生きている限りは思うように過ごしたいものだが、この世は無常。私もいつまでも元気ではないだろうし、もしものことがあったらと気がかりだよ……」。

事件の残した傷は深く、今も生々しく思い出されますが、彼も来年は40歳。「人生は予測できないもの」という実感とともに、老後や死後の心配が悩みごとの中心に変わろうとしています。

新婚さんなのに?忘れられないあの娘にアプローチ!

今日の葵祭には、惟光の娘の藤典侍も使者として選ばれていました。五節の舞姫に選ばれた時、夕霧が覗き見して思わず声をかけたあの娘です。彼女も今は優秀な女官として活躍中です。

その後、2人の関係は密かに続いていたのですが、身分を考えると正式な結婚相手にはなれません。仕方ないこととは言え、彼女は雲居雁との結婚には内心穏やかではいられませんでした。そりゃそうだ。

雲居雁が少女漫画のヒロインなら、藤典侍はヒロインのハッピーエンドを聞いて陰で密かにガッカリしてる健気な美少女ってところでしょうか。同情票でファンが付きそうな感じ。

藤典侍が牛車に乗り込んで出発しようとしていた時、夕霧からの手紙が届きます。葵の葉が添えてあり「この葉は何という名だったか、すっかり思い出せなくなってしまった」。“葵=逢う日”で、最後にあったのはいつだっけね、と。

自分の事を思い出してくれたは嬉しいけど、とにかく今はタイミングが悪い! それでも彼女は返してくれ、夕霧も「これきりで終わるのはもったいないな」と……。「彼女との関係は今後も続いていくだろう」と語られています。……君、新婚さんだろ?

ヒロインと結ばれつつもサブの美少女もキープしておくのが一夫多妻制。父親世代のハーレムライフに比べると、当時としては「真面目」「一途」と言われる夕霧ですが、現代だったらこれだけでもゲスいって言われそうです。

「ぜひこの機会に」8年ぶりの母娘の再会、実現へ

葵祭が終わった後は、いよいよちい姫の後宮入り。入内の際は母親が付き添うのが慣例です。「この機会に、明石の上を付き添わせようか」と、源氏は考えています。

実は紫の上も全く同じ考えで、自分から源氏に切り出します。「ぜひこの機会に明石の上を。姫の女房たちは若くて気が利かないし、乳母も限度があるでしょう。私の代わりにあの方が側に居てくださったら安心です」。

紫の上も「母娘を再会させてあげなくては。長い間辛い思いをしてきただろうし、姫ももう子供じゃない。私が2人の障害になり続けるのはつらい」と、育ての親としての責任を感じていました。

源氏は紫の上の英断に感謝し、早速明石の上に打ち明けます。母娘が別れて約8年。ついに念願叶う日が来たのです。立場上はあくまでも女房の一人として、姫に接することになりますが……。それでも明石の上は嬉しくて嬉しくてスイッチが入っていまい、気合を入れてあれこれ準備を始めます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。