体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜナナシスの音楽は、感動を呼ぶのか。kz(livetune)にその理由を訊く

実力派音楽クリエイターが楽曲提供をしている人気スマホゲーム「Tokyo 7th シスターズ(以下、ナナシス)」は、心を揺さぶる音楽として、ゲームユーザーのみならず、音楽ファンからも熱い注目を集めています。今回は、同作に登場するレジェンドアイドル“セブンスシスターズ”の楽曲を手がけるトップ・クリエイターのkz(livetune)さんのインタビューをお届け。彼がどのようにこのプロジェクトに携わるようになったのか、またナナシスの音楽のエモさの秘密について語ってもらいました。

註:本インタビューは、2月19日発売の『Tokyo 7th シスターズ COMPLETE MUSIC FILE』収録記事の一部を再編集したものになります。

1stライブを観て、やってて良かったと泣いてしまいました

ーーいろんなところで曲を書く中で、ナナシスの音楽に携わっていくわけですが、kzさんにとっては、どういう出会いでしたか?

kz 今でこそ茂木(伸太郎/「Tokyo 7th シスターズ」の総監督・総合音楽プロデューサー)さんとは、わりと会ったり、飯を食べに行ったり、トークイベントで話したりはするんですけど、オファーをいただいたときは、直接お会いして打ち合わせすることもなかったんです。普通にメールでオファーをいただいて、そこに企画書があってという感じでした。そのときは企画の大枠は聞いてたけど、細かいディテールの話までは聞かされていなくて。二次元アイドルもので、ちょっとSF感があるものを作りたいという話でした。そこから作ったのが「Star ☆ Glitter」でしたね。

ーーその企画書から熱さみたいなものが伝わってきたということですか?

kz そうですね。でもその当時は今みたいな狂気性はそんなになかった気がします(笑)。ぶっ飛んだ感じは全然しなかったんですけど、「SEVENTH HAVEN」の前あたりからですかね、「このプロジェクトは、ちょっとおかしいぞ?」って思い始めたのは(笑)。なのでこの当時は、本当に通常のプロジェクトの立ち上げ、みたいな形で関わっていたなと思います。

ーー仕事を受けた理由はあったのですか?

kz その当時、ちょうどアイドルものをやりたいと思っていたんです。今もすごくやりたいというか、やれているんですけど、女の子のグループものの曲をすごく作りたかったんですね。ナナシスそのものというより、アイドルもの、特に二次元のものを作りたい!という欲求があった中でお話をいただいたので、アイドル然としたポジティブな曲を作っていきたいなと思って、最初は作っていたと思います。

ーー二次元アイドルというカテゴリーには何か思い入れがあったんですか?

kz 特に何かがあったというわけではないんですけど、『アイドルマスター』や『ラブライブ!』の音楽を始め、二次元のアイドルもののグループ曲って、すごく好きなんですよね。以前に他のインタビューでもお話ししたことがあるのですが、二次元アイドルってエモさがあるんです。普通には起こり得ない頑張りみたいなものがアニメだとできちゃうじゃないですか。ライブに人がいなかったとか。そういう起こり得ないところを演出できて、かつ良くも悪くも人間らしい生々しい部分を隠せる。エモーショナルな部分だけを取り出せるから、見ていてカタルシスがすごいんですよ。それとやっぱり制作陣に恵まれているなって思うんです。核となるサウンドクリエイターがそれぞれのコンテンツにいて、その方の曲を僕自身がすごく好きだったので、そういったものを作りたいって当時から思っていたし、今もすごいリスペクトがありますね。

ーー憧れもあったところに、プロジェクトの立ち上げから関われる機会があったというのは、力が入りそうです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。