体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

来週2月14日はバレンタインデー! 例年になく盛り上がる「義理チョコ論争」

black_tweet

2月14日は聖バレンタインデー。今年は、高級チョコレートメーカーの『GODIVA』が2月1日に
「日本は、義理チョコをやめよう。」
という新聞広告を掲載した。賛否両論となり、SNSで多くの意見が飛び交う中で有楽製菓のブラックサンダー(@Black_Thunder_)は同日『Twitter』にて


とある広告が話題のようですね(‘-‘*)
よそはよそ、うちはうち。
みんなちがって、みんないい。
ということで有楽製菓は引き続き「日頃の感謝を伝えるきっかけ」として義理チョコ文化を応援いたします(‘-‘*)

とツイートを行った。こちらもかなりの話題となり拡散される。

「よそはよそ、うちはうち! 潔いねー。庶民らしくて応援したくなります。美味しいならお手頃値段でもいいよね。 」
「義理はお手頃美味しいブラックサンダーさんがいいよ!買いますっ!! 」
「gdvは「義理チョコのために無理すんな」  btは「義理チョコで悩むくらいなら専用の品を用意するからどうぞ」  どっちもバレンタイン義理チョコ制度で頭を悩ませてる人の為で善し悪しではないですね。選択肢が増えただけで。 僕はbtが欲しいので後者が主流になって欲しいとこですが。(お返しもbtだけど)」

などの返信が寄せられていた。

参考記事:高級チョコメーカー『GODIVA』の義理チョコ廃止提案に反響続々 『ブラックサンダー』は「よそはよそ、うちはうち。」
http://getnews.jp/archives/2012656[リンク]

さて、例年になく義理チョコについての議論が盛り上がりをみせる中。数多の義理チョコ用の商品の中で、個人的に異彩を放っていたと思われるのがあの「TENGA」のチョコレート。一部の方にはおなじみであろうデザインのカップに、金の包装に巻かれたチョコレートが10個入ってるというシロモノである。

sweetovecup_1

公式オンラインショップで発売されるや否や、大変な人気で30分で完売。後日再販したもののそちらも45分で売り切れたそうである。
こちら、全国の『ドンキホーテ』や『ビレッジバンガード』といった店舗でも取り扱っており、税別500円。

お手頃な価格になっておりますので、義理チョコに最適です!

との謳い文句なのだが、貰った方はさぞ複雑な気分になるに違いない!?

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。