体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJIが折りたたむとスマホサイズになるコンパクトドローン『MAVIC AIR』を発表 ジェスチャー操作の進化と安全性の向上にも注目

DJIが折りたたむとスマホサイズになるコンパクトドローン『MAVIC AIR』を発表 ジェスチャー操作の進化と安全性の向上にも注目

DJIは1月25日、ドローン新製品『MAVIC AIR』の発表会を開催しました。折りたたみ可能な小型ドローン『MAVIC PRO』をさらに小型化、折りたたんだ状態ではスマートフォン程度のサイズにして持ち運べる製品。『MAVIC PRO』の飛行性能と安全性を向上させつつ、昨年発売したコンパクトドローン『SPARK』で採用された、ジェスチャー操作やプリセットされた演出で自動撮影できる機能を強化して搭載しているのが特徴です。

コンパクト設計で携帯性が向上

mavicair2

『MAVIC PRO』と比べて、たたんだ後のサイズは1/2に、重量は41%軽量化した430gに。

mavicair3

たたんだ状態では、DJI製品では最もコンパクトだった『SPARK』よりコンパクトなサイズになります。

mavicair4 mavicair5

タッチ&トライコーナーで実際に持ってみましたが、たたんだ状態は実にコンパクト。

mavicair6 mavicair7 mavicair8

展開するとがっしりした構造で羽根も大きく、安定した飛行が期待できます。前方には折り畳み式の脚があり、アンテナとしても機能します。

mavicair9

標準で送信機が付属するのですが、送信機のスティックを外して送信機本体に収納できるのがポイント。カバンやキャリングケースに入れて持ち運ぶ際、スティックが邪魔になりません。

ハイスペックな撮影性能

mavicair10

3軸ジンバルを備えるカメラは、静止画で1200万画素、動画では4K 30fpsの動画を最大100Mbpsで撮影可能。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会