体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日常の風景に栄養を与える」これまでにない日用品店”DAILY SUPPLY SSS”がついにオープン

content_da27ea33dea83abae6a6981cdb35ecacf2b9accb

シキナミカズヤ建築研究所SKALとアーティストユニットL PACKが、《GOYOKIKI》《量り売り》《試して買える》スタイルでこれまでにない日用品店[DAILY SUPPLY SSS]を1月30日に誕生させる。
 
 全国各地のアートプロジェクトで美味しいコーヒーと食事、その風景をつくりだしてきたL PACKと、建築家として心地よい暮らしを提供してきたシキナミカズヤが、話を聞きながら日用品をコーデする《GOYOKIKI》スタイル。
 横浜の郊外にたたずむ、かつて多くの人で賑わい庶民の生活を支えてきた築約50年の元日用品市場の一角を利用し、大きなカウンターに囲まれた中に、量り売りのストック棚とキッチンを併設し、コーヒー豆、ジュース、野菜などの食材から、味噌、醤油、ソースなどの調味料、そして洗剤や消臭剤などの日用雑貨を、用途に合わせ特殊性にこだわったものを、必要な時に必要な分だけ《試して帰る》《量り売り》の店となっている。
 キッチンは、「風景」をテーマにL PACKが焙煎するコーヒー豆と、ショップで取り扱う食材・道具を活用し、美味しい食事やドリンクを提供するコーヒーカウンター。
DAILY SUPPLY SSSは、これら3つのスタイルとコーヒーカウンターにより日常の風景を販売する新しい日用品店だ。

-コンテンツ-
・キッチン用品や洗濯用品など「使う」日用品
・観葉植物や写真、絵画、オブじゃなど「見る」日用品
・コーヒーやジュース、野菜や加工食品など「味わう」日用品
・アーティストバイヤーによる「異国」の日用品
・見る日用品としての「アート」作品

-ラインナップ-
木村石鹸(洗剤)、かねじょう味噌(味噌)、岩野彩(木工)、津軽.comストア(無添加ジュース)、木食草衣(野菜、米)、あらい農園(野菜、米)、木同山鳥珈琲焙煎所(コーヒー)、RITOGLASS(量り売りボトル、ガラス製品)、LUFF Flower&PlantsWORKS(植物、Herbarium)[順不同][順次追加]

DAILY SUPPLY SSS
2018年1月30日火曜日より開店
時間:12:00-17:00
オープン:火・水・木・金・土
クローズ:日・月・祝
電話番号:045-516-4829
ウェブ:https://www.sssuburb.com
メール:sss@sssuburb.com
住所:横浜市神奈川区羽沢町1802-1 八反橋フードセンターA10 SSSuburb

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会