体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『一太郎』利用の農水省が『Word』に完全移行へ 「働き方改革の一環」報道にネットでツッコミ殺到

computer

1月13日、時事通信が「文書作成、ワードに統一=効率化で働き方改革-農水省」と見出しを付けた記事を配信。これまで文書作成のためにジャストシステムの『一太郎』を採用してきた農林水産省がマイクロソフトの『Word』に統一する方針を決定したとの内容に、ネット上では「いつの時代の話だ」「それは働き方改革と言わない」と指摘が相次いでいます。

時事通信の記事によると、『一太郎』の操作経験がない若手が増加し、省内で併用してきた『Word』に統一して欲しいとの要望が強まったとのこと。文書作成ソフトの一本化により、同省は業務の効率化と残業代の削減を見込んでいるそうです。

記事を閲覧したネットユーザーからは、「公文書の一太郎かMS-Wordかって話、確か90年代ころに出はじめたんじゃ?」「2018年とは思えないニュース」と驚きの声が噴出。

また記事では「働き方改革の一環で」という表現を使用しており、「Officeを導入することを普通“働き方改革”とは言わない」「一太郎からワードに切り替えるだけで働き方改革wwwwwwwwwwwww」というツッコミも。

一方で、「一太郎には一太郎の良さがあるんだけどなぁ」「レイアウトの面で公文書には一太郎が適してると思う」「ワードより一太郎の方が文書作成機能に優れているので、かえって残業時間が増えるに違いありません」といった意見も寄せられている次第です。

参照元:
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011300400&g=pol

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy