体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デス・プルーフ&狂い咲きサンダーロード&ウルトラセブンを爆音でオールナイト鑑賞! 『コアチョコ映画祭’18』

映画
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2018-01-13-11-06-53

まだまだ正月ボケだという紳士・淑女の脳天をガツンと揺らす、最高にイカした映画祭が開催! 『デス・プルーフinグラインドハウス』『狂い咲きサンダーロード』『ウルトラセブン「狙われた街」』を一度に楽しめる『コアチョコ映画祭’18』の一般発売がスタートした。

『コアチョコ映画祭’18』とは、ホラー映画や漫画・プロレスをモチーフとしたイカしたデザインが人気のアパレル「ハードコアチョコレート」が主催する映画祭。毎年、代表兼デザイナーのMUNE氏による“コアチョコ度”全開のラインナップが素晴らしいと話題を呼んでいる。

今年の上映作品も、最高すぎる3本! いずれも鑑賞マストの超名作だが、映画館で鑑賞した経験を持つ人は以外と少ないであろう。作品未見の方はもちろん、DVDで鑑賞し最高だった!という人にも大スクリーンでの迫力を楽しんで欲しい。

movie_deathproof

『デス・プルーフinグラインドハウス』(2007年製作/監督・クエンティン・タランティーノ)
ご存知タランティーノの痛快カー・アクション!耐死仕様=デス・プルーフを施した不気味なクルマに乗る殺人鬼スタントマン・マイク。そのマイクに狙われるセクシーな美女たち。血で血を洗うデッドヒートは限界MAX沸騰頂点へ!圧巻のエンディングは是非大画面で味わってもらいたい。CGに頼らない生のスタントの迫力とスピード感、美女の撮り方のこだわりも要チェックだ!

movie_thunderroad

『狂い咲きサンダーロード』(オリジナルネガ・リマスター版/1980年 狂映社製作/監督・石井聰互)
やってやろうじゃねえよ!80年初頭、日本映画を変える暴力にまみれた近未来映画が誕生した!暴走族“魔墓呂死”の特攻隊長・ジンの孤独な戦い。丸く収まろうとする同輩や一癖ある政治結社。様々な思惑が交差する中、ジンは激しく反抗する。しかしそれは取り返しのきかない悲劇へのプロローグであった。故・山田辰夫の代表作であり全ての男のバイブルとして君臨する伝説の映画『狂い咲きサンダーロード』!数々の人に影響を与えた不朽の名作を大スクリーンで!オールナイトの眠気など爆音でぶっとばせ!!!!

1 2次のページ
プラムの記事一覧をみる
プラム

記者:

アイドルとおもしろ動物好きのアラサー記者。ライブ参戦は時々、ネットウォッチは毎日。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会