体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗の集大成!リブロース1g 6.8円のステーキ店がグランドオープン


肉好き女子に耳よりな情報をお届け!1月15日(月)、千代田区に「やっぱりあさくま 九段下店」がオープン。美味しいステーキを食べたいなら外せないお店の登場だ。

日本初の郊外型レストランを出店し、サラダバーを考案・開発した1948年創業の「あさくま」が、真実の“美味しいステーキ”を提供すべく出店したのが「やっぱりあさくま 九段下店」。

リブロースでも300g/2040円(税抜)、1g換算6.8円で食べることができる「やっぱりあさくま」のステーキは、肉の品質にこだわり、米国ならブラックアンガス牛に限定、豪州産なら穀物肥育期間を指定した肉を使用。

肉は旨みを逃さないよう厚みにこだわり、注文されてからカット。旨みを内部に保留するため、400~500度の強い火力による直火焼きで焼き上げている。

メニューはディナータイムの「フィレステーキ」が200g/1780円(税抜)、「サーロインステーキ」が250g/2205円(税抜)、ランチタイムは「乱切りカットステーキ」が200g/1100円(税抜)。ステーキは50gごとに増量オーダーが可能となっている。

ステーキのことを知り尽くした「あさくま」だからできる極上のおいしさを、「やっぱりあさくま 九段下店」で味わってみて。

■「やっぱりあさくま 九段下店」
住所:東京都千代田区 飯田橋1−3−7 1F

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。