体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2017/1/5号:『レディ・ガイ』、未体験ゾーン2018『68キル』『ゼット・インク』ほか

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

今週から忙しくなりますよ! なぜなら日本未公開のニッチでソリッドな映画の数々を上映しまくる特集上映『未体験ゾーンの映画たち2018』がスタートするから……。しかぁし!! 今週は“未体験ゾーン以外”の注目作も公開されます。それはミシェル・ロドリゲス主演、ウォルター・ヒル監督のリベンジアクション『レディ・ガイ』! ホラー映画ではありませんが、男性の主人公が目が覚めたら女性の体へと強制性転換されていたなんてストーリー、ヘタなホラーより恐ろしいですよ! さすがに待望の“そのシーン”では「ふふっ」となってしまうものの、全体のトーンをコメディにしなかったのはさすが“漢”映画のウォルター・ヒル。そんなヒル監督へのインタビューはこちらでご覧ください! →記事:ウォルター・ヒル監督インタビュー

続いて『未体験ゾーンの映画たち2018』上映作にいきましょう。
まず『クリミナル・マインド』の人気俳優マシュー・グレイ・ギュブラーが、強盗に失敗したことから暴力と狂気の渦へと飲み込まれていく気弱なヒモ男を演じる『68キル』! 『悪魔の毒々モンスター・新世紀絶叫バトル』の脚本家、トレント・ハーガが監督を務めたこちらの作品、びっくりするほどまっとうな人間が出てきません! そして、人間の理性がふっとぶウイルスがオフィスビル内で蔓延し暴動が巻き起こる会社員サバイバル・スリラー『Z inc.ゼットインク』! こちらは『ウォーキング・デッド』グレン役のスティーヴン・ユァンが主演し、クビになって横暴上司に復讐する主人公を演じています。そして、カルト教団VS息子を監禁する家族のスリラー『ジャッカルズ』! “バッドエンド”が公言されているこちらの作品、果たして結末は……!? さらに、『サプライズ』『ブレアウィッチ』など、アダム・ウィンガード監督とのコンビでおなじみの脚本家サイモン・バレットが脚本を担当した『ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録』など! 他作品は下記でご確認ください。多いからゆっくりチェックしてね!

年始から忙しいですね。今年も面白いホラー映画にたくさん出会えますように。それでは今年も、いってらっしゃい!

『レディ・ガイ』 1月6日公開

<ストーリー>
凄腕の殺し屋フランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)は、「お前は敵を作りすぎた」とボスに抹殺されそうになる。銃撃戦で意識を失ったフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚める。全身に巻かれた包帯を取って鏡の前に立った瞬間、彼は驚愕する。そこにいたのは、まぎれもない女。フランクは性転換手術を施されていたのだ。ベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声が。声の主は医者で、手術はフランクへの復讐を意味しているという。大切な《もの》を奪われ、女となった殺し屋は、銃と色気を武器に、復讐に立ち上がる――!

上映館:新宿シネマカリテほか全国順次
この映画の記事:性転換された殺し屋のトンデモ復讐劇『レディ・ガイ』ウォルター・ヒル監督インタビュー 「映画は自分のために作るもの」
リンク:映画公式サイト

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。