ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

西暦の書き損じはこう乗り越えろ! タカラトミーが2017→2018のトランスフォームを指南

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
takaratomytoys

正月三が日が過ぎ、本日から仕事始めの人も多いのではないでしょうか。正月気分が抜けないぼんやりコンディションの時に気を付けたいのが、西暦の書き損じ。皆さん、もう2018年ですよ!


1月4日、タカラトミーの公式『Twitter』アカウントが「今日から仕事始めのみなさん。2018年前半戦の西暦記入はこれでなんとかなると思うので、参考にしてください」とツイート。添えられた2枚の画像を見ると、「2017」の文字と、「7」の一画目と二画目の先端を無理やり繋げて「8」にトランスフォームさせた何処かぎこちない「2018」の文字が。

「参考にさせていただきます!!」「さっそく活用しました」「学年が上がった時もよくやりましたね…」と、ありがちなミスに共感するコメントが寄せられているものの、同アカウントは、「※ただしけっこう重要な書類は書き直したほうが吉と出ております」と注釈を加えています。

また、今年は平成29年から平成30年に変わった年のため、「すでに平成表記で間違えて2を無理矢理3にした私に死角はありまくりだ」「29から30はどうしたら…」といった声もあり、和暦を記入する時はさらに細心の注意が必要なようです。

※トップ画像は『Twitter』(@takaratomytoys)より引用

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。