ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松坂桃李の奇行写真!?  『不能犯』宇相吹がヌラリ……と立ち様子を伺う場面写真解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
s013-016

俳優・松坂桃李さんが初めてのダークヒーローを演じることで話題の映画『不能犯』が、2018年2月1日(木)より公開となります。

本作は、「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」などでも知られる神崎裕也が作画、原作を宮月新が担当し、「グランドジャンプ」で連載中の同名漫画が原作。絶対に立証不可能な方法でターゲットを殺す主人公・宇相吹(うそぶき)正(ただし)役を松坂桃李さん、宇相吹が唯一殺すことのできない、正義感溢れる女刑事・多田友子役を沢尻エリカさんが演じている他、宇相吹に翻弄される人々に新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星 水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍(敬称略)という豪華キャストが出演。

都会のど真ん中で次々と起きる変死事件。警察は証拠を一切見つけられないでいたが、現場では必ず黒スーツの男が目撃されていた。男はSNSで話題の殺し屋・宇相吹正。電話ボックスに殺人依頼の紙を貼ると、宇相吹がターゲットを必ず死に追いやるという。しかし、その死因は病死や自殺に事故という罪には問われない<不能犯>だった……。誰もが持つ妬みや嫉妬、人間の心の闇を暴く、スリラー・エンターテイメントです。

生まれも経歴も不詳、常にスタイリッシュな黒スーツをまとい、絶対に立証不可能な方法で愚かな人間を死へと追いやる男、宇相吹正(松坂)。宇相吹は、<思い込み>や<マインドコントロール>のようなもので、犯行に及ぶため、決して罪には問われない<不能犯>。事件の犯人というのは、犯行現場に再び姿を現すとはよくいわれていますが、宇相吹もその一人。この度、松坂演じる宇相吹がやじうまと同化する姿を捉えた場面写真が解禁となりました。

s032-004

自分の犯行が誰かにバレてしまうかもしれないという“不安”、そして世間を騒がせているという達成感からくるともいえるこの行動ですが、宇相吹も理由は同じなのか?しかし、犯行現場に戻ってきた宇相吹の表情から“不安”も“欲望”も一切感じられず、むしろ警察が捜査する様子を楽しんでいるかのようにもみえます。果たして、宇相吹の犯行は【立証不可能】のまま続いていってしまうのか?! 社会の悪や人間らしい心を失くした愚か者たちの依頼を宇相吹がどのように実現させるのか?気にせずにはいられない画像となっています。

s132-016

白石監督は撮影について「幽霊やお化けとは違うと思うんですが、どこか浮いている感じというか、神出鬼没な感じはつねに意識していました」と振り返る。少し離れた場所からヌラリと立って様子をうかがう松坂さん演じる宇相吹の佇まいは、明らかに異彩を放っていたそう。他シーンでも、カメラが回り始める瞬間に宇相吹のスイッチが入る松坂さんの怪演は、日々迫力を増していったといいますが、多彩なキャリアでも初めてとなる、善と悪を超越した危険で魅惑的なダークヒーローに挑み、まさにハマリ役となったといえる演技は必見です!

『不能犯』公式サイト
http://funohan.jp

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会  

カテゴリー : 映画 タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。