体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

撮り下ろしインタビュー:舞台版『GANTZ』加藤勝役・高橋健介「自分にとってまた新しい異星人のジャンル」

コミック累計2100万ヒット、連載が終了した今もなお、絶大な人気を誇る奥浩哉先生のSFアクション漫画『GANTZ』が初の舞台化。舞台版は「GANTZ:L」-ACT&ACTION STAGE-と題し、2018年1月26日(金)~2月4日(日)まで天王洲 銀河劇場で全12公演を予定。

脚本・演出に『レインマン』、『ファントム』等名だたる名作を手掛け、演劇の醍醐味を駆使した巧妙な演出と人間ドラマに定評のある鈴木勝秀氏を迎え、新たな『GANTZ』の世界を構築します。

リーダー気質で正義感あふれる加藤勝を演じるのは、『ウルトラマンX』で主役を務めた高橋健介さん。ビジュアル撮影現場にお邪魔し、キャラクターの印象や出演が決まった時のお気持ちを伺いました。

また、この日(10月30日)は高橋さんが出演されていた『Live Musical「SHOW BY ROCK!!」-深淵のCrossAmbivalence-』の千秋楽の翌日。昨日まで細身の女の子の役を演じられていた高橋さんは、ガラリと変わった男らしい加藤役の撮影ということで少し難しさも……?

ビジュアル撮影を終えてお話を聞くと、「本当はもう昨日で終わったつもりだったんですけど、さっき撮影したとき少し可愛くなっちゃった(笑)」と高橋さん。このインタビュー用の撮り下ろし撮影でも、重心のかけ方が少し(演じられていた役の)燐ちゃん感が出ていたことを伝えると、「本当ですか? いや~、抜けてないな! 今、すぐ腰が上がっちゃうんですよね」なんてお話も(笑)。女性役を演じた直後に男らしい役……役者さんは大変です!

高橋健介はホラーやグロテスクな作品が苦手! グロ好きはみんな西くん!?

――舞台『GANTZ』出演に決まって。

高橋:いわゆるすでに成功した人気作品なので、逆に舞台はもうやらないと思っていました。実写映画では嵐の二宮さんと松山ケンイチさんがやっていた誰もが知っている作品を今舞台化して、僕がやらせてもらえるというのは素直に嬉しかったです。

――個人的には、高橋さんが加藤役というのは意外でした。

高橋:僕もそうなんですよね。自分の中では、玄野か西寄りかな、と思っていたんですけど、加藤のお話をいただいて、今のままではまずいなと思っています。とりあえず鍛えなきゃなと。昨日までは女の子役だったので細くすることを心がけていたんですけど、一回り大きくしないといけないなと思っています。

――あまり時間がないのですぐに鍛え始めないといけなそうですね。

高橋:面倒なので嫌だけど、鍛えなきゃいけないですね(笑)。

――鍛えるためのアドバイスを貰おうと思っている役者仲間の方はいますか?

高橋:それはもう、昨日まで一緒にやっていた筋肉野郎たちに聞きたいと思います。エキスパートがいますからね。

――加藤のキャラクターの印象は?

高橋:一番損するタイプなのかなと思います。世の中、ずる賢いやつの方が生き抜けるイメージがあるので、加藤はみんなに好かれるけど、損するイメージがなんとなくありますね。損する方を自ら選んでしまう、自己犠牲が強い人だと思います。僕だったら、たぶん自分の身の周りの人を殺したやつは許せないと思うけど、加藤はもしかしたら許せるのかもしれないな、みたいな印象はもっています。

――自分と似ている部分はありますか?

高橋:僕自身、弟はいないんですけど、めっちゃ年下が好きなんです。自分が末っ子で弟がいなかった分、年下を可愛がるので、そこは似ているかなと思いますね。

――原作の印象は?

高橋:グロいよね~。僕は苦手なんですよ、グロイの。だから漫画もちょっと顔を横にそむけて、少し目をそらしながら読んでるんです。まず読むのがしんどかったですね。ホラーとかも苦手なんですよ。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。