体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

秋葉原駅でホットケノービ氏のオモ写ブックレットがもらえるぞ! 『スター・ウォーズ』アクションフィギュアも大量展示中

dsc_1312

秋葉原駅構内(東西自由通路内)にある『魂ネイションズ AKIBAショールーム』といえば、バンダイの大人向けコレクターズブランド『魂ネイションズ』のフィギュシリーズを展示し、自由に見て、撮影して、時にはタッチ&トライまで可能なフィギュア好き垂涎のスポットです。

dsc_1320 dsc_1386 dsc_1385

秋葉原駅を利用して毎日オフィスに通っている筆者にとっては自宅のリビングに飾っているも同然(ではないけど)、眺めるだけで物欲をセーブしてくれることもあれば、ガッツリとかき立てられてしまう場合もある魅惑の展示施設なのです。

オモ写ブックレットがもらえる

dsc_1392

そんな『AKIBAショールーム』では、オモチャを被写体とした写真“オモ写”の名付け親である、ホットケノービ氏撮影のフィギュア写真を収録したブックレットを配布中。さっそくもらってきました!


ブックレットの入手方法は2パターン。『AKIBAショールーム』で気に入った展示を撮影し、「#tamashii_movie」をつけて『Twitter』や『Instagram』に投稿。もしくは、公式サイトからアンケートに回答し、完了画面をショールームのスタッフに提示するだけ。


dsc_1323

さすが海外からの人気も高いホットケノービ氏、ブックレットの配布案内には英語の説明文も併記されていました。

dsc_1315

全11ページのブックレットには、『S.H.Figuarts』ブランドから『スター・ウォーズ』やマーベル映画、DC映画に登場するキャラクターのアクションフィギュアを使ったユニークな写真の数々が。まるで映画のワンカットのように演出したり、クスッと笑えるシチュエーションを作ったり。普段からSNS上で作品を公開しているホットケノービ氏ですが、紙にプリントされたことでフィギュアの質感や色彩に違った印象を感じるかもしれません。

さらに、オモ写の撮影方法や使用している機材などについてホットケノービ氏が語ったスペシャルインタビューも収録。その中身は、ぜひブックレットをゲットしてチェックしてみてください。

ブックレットの配布は2018年1月23日(火)までの実施。なくなり次第、終了となります。

“スター・ウォーズ特集展示”が開催中

dsc_1381

また現在、『S.H.Figuartsスター・ウォーズ』シリーズのアクションフィギュアを多数展示した“スター・ウォーズ特集展示”を開催中です。発売中のフィギュアから発売予定のフィギュアまで、シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を鑑賞した人ほど悶絶するラインアップとなっています。

dsc_1343 dsc_1333 dsc_1349 dsc_1357 dsc_1356 dsc_1370

こちらの開催期間も2018年1月23日(火)まで。ブックレットの配布や展示の概要、年末年始の営業時間については、『AKIBAショールーム』の公式サイトをご確認ください。

『魂ネイションズ AKIBAショールーム』公式サイト:
http://tamashii.jp/akiba_sr/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。