体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キッズライン「やりがいと収入倍増の働き方講座」イベントレポート

日本が保育に抱える問題は多くある。

「保育士の賃金は安すぎる」
「保育園に子供を預けられない」

2016年、「保育園落ちた日本死ね」という
匿名のブログが公開されてからというものの、
待機児童問題を含む日本の保育への課題は多く議論されている。

2014年7月に創業された株式会社キッズライン(旧 株式会社カラーズ)では、
創業者の経沢香保子氏の経験から、
日本にベビーシッター文化を根付かせ、女性が輝く社会の実現に向けて
「キッズライン」を運営している。

待機児童問題の一因には保育士の賃金の低さや重労働が挙げられているが、
2017年10月12日、堀江貴文氏の「保育士の給料が低いのは誰にでもできる仕事だから」という発言で物議を醸し、これを含む一連の発言に賛否が分かれている。

キッズラインではこの騒動を受け、保育士の低賃金を解決するために、
「やりがいと収入倍増の働き方講座」を開講した。

第2回開催にあたる11/11日、
キッズライン社のオフィスには年齢を問わず15名程の現役保育士が参加し、熱心に耳を傾けていた。

保育士という職業は、女子小学生の就きたい職業ランキング上位に毎年入る憧れの職業であるが、
勤続年数は平均7年程であり、15%のもの人が2年以内に離職している。
現場の保育士の職場改善要望としては「給与や賞与の増加」「職員の増加」「事務雑務の軽減」など
やはり賃金面・労働環境面での意見が多く挙げられている。(キッズライン社調べ)

「やりがいと収入倍増の働き方講座」では、
現在キッズラインで活躍されている
ベビーシッターの仲宗根さんが登壇され、
参加者からの質問に回答していった。

「私は12年間の保育園勤務の後、一年半程前からベビーシッターとして活動し始め、今までに約350回のサポートをさせて頂きました。」

Q.ベビーシッターの最初の頃は緊張しましたか?

「子供を迎え入れるのではなく、こちらから向かうことに緊張し、時間の2時間前から待機したようなこともありました(笑)でもすぐに子供と1対1で関わり保育ができる事に楽しさを感じました。」

Q.ベビーシッターになって良かった点はなんですか?

「保育園に務める身から個人事業主としてのベビーシッターになり、時給や勤務先、勤務時間なども自分で決められる様になったことはワークスタイル・ライフスタイルどちらを考えても良かったと思います。また、ご家庭との出会い、そして保育を行えることも素晴らしいですし、自分の保育のスキルが収入に直結することも働きがいがあり素晴らしいと思います。」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。