体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

怖すぎるけど泣ける問題作・松本清張『鬼畜』を12月24日に放送するテレビ朝日こそ鬼畜(褒めてる) 

鬼畜

12月24日(日)21時から、テレビ朝日にて放送されるドラマスペシャル『鬼畜』。松本清張が1954年に発表した同名小説を、玉木宏さん主演、常盤貴子さん、木村多江さん共演という豪華キャストで映像化したサスペンスです。

『鬼畜』ストーリー
物語の主人公は、小さな印刷会社を営む竹中宗吉。妻・梅子と共に真面目に働いてきましたが、経営が軌道に乗ると宗吉は、愛人・菊代を囲うようになり、3人の子どもまで生ませていました。しかし、事業につまずいて仕送りが滞ると、菊代は宗吉の家に子どもたちを連れていき、自らは失踪。それをきっかけに、宗吉の運命は崩れていきます…。
いったいなぜ、善良で心やさしい人間だった宗吉の心に、“鬼畜”が生まれたのでしょうか…!?
本作では、現実に追い詰められて哀れにも身を落としていく男と、ただひたすらに父を思い、信じ続ける息子の姿を丁寧に描写。“人間の業”をまざまざと見せつけながらも、その根底に確かに存在する、せつなくも深い親子愛を浮かび上がらせていきます。転落の果てに、宗吉が見出したものとは…!?

■鬼畜 PR動画
https://youtu.be/J9wO82UJFpk [リンク]

ストーリーを読み、予告動画をご覧いただいただけで分かると思いますが、結構、いや、相当胸糞悪いお話なんです。これをクリスマス・イヴにやっちゃうゥー?!

主人公の男、ノってる時に愛人作る→子供3人産まれる→男、ジリ貧になってきて愛人に仕送り出来ない→愛人が自宅にやってきて子供置いていく→本妻ヒステリー→子供いじめられる→そして最後には……?

という感じで、とにかく大人たちが勝手で子供たちが可哀想。筆者は24日に放送される『鬼畜(2017)』はまだ観ていないので感想は言えませんが、筆者が観た1978年の映画『鬼畜』は相当ショッキングで怖く悲しい話でした。あの『呪怨』で知られる映画監督・清水崇さんも「一番怖い作品」として挙げてるくらいの傑作です(※)。

鬼畜

『鬼畜(1978)』の主演は緒形拳さん、妻役に岩下志麻さん、愛人役に小川真由美さんとこちらも豪華です。松本清張の原作であることは変わらないので、物語の大筋は一緒ですが、「これ現代で放送できるのかな?」と不安に思ってしまうほどの子供たちへの仕打ちの数々。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-12-22-11-38-03

『鬼畜(2017)』も時代設定は1970年代のままですが、子供たちの服装はちゃんと綺麗に見えます。『鬼畜(1978)』の子供たちはヨレヨレのタンクトップ着たりとか、赤ちゃんは裸んぼだったりしてそれがまた辛いのよ……。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy