体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イギリスの若者がクリスマス期間に慈善団体へ寄付する金額の平均は4700円! スマホを諦めてでも寄付! 聖人か……

英国チャリティ委員会が2000人を対象に行ったオンライン調査によると、18才から24才のミレニアル世代は他の年齢層よりも慈善事業に対する理解が深いことが分かりました。彼らがこのクリスマス期間に慈善団体に寄付する予定金額の平均は約4700円にもなりました。また、寄付金額を約75000円引き上げられるならば、スマホの利用を諦めてでも慈善団体へ寄付することを選ぶと答えた人の割合は44%となり、他の世代では3分の1程度だったのに比べて最も高かったということです。

この結果についてチャリティ委員会のCEOは、彼らは親世代よりもネットリテラシーが高く、寄付する前に慈善団体の活動内容をネットでしっかりチェックできているため、このような寛大さに繋がっているのではないかと分析しています。イギリスでは街頭募金に直接寄付することを好む人がまだ圧倒的に多く、回答者の10人に1人は知らない団体から募金を呼びかけられたことがあると答えました。

いやー、さすが寄付文化が国家的伝統として根付いた国ですね。高価なスマホよりも慈善事業への寄付を選ぶなんて、なかなかできることではありません。さて、日本でも歳末助け合い募金活動を見る機会の多くなるこの年末、愛国心を唱える日本の若者はいくら寄付するのでしょうか。

画像とソース引用:
https://www.gov.uk/government/news/young-people-are-savvier-and-more-generous-when-giving-to-charity-at-christmas[リンク]
https://pixabay.com/ja/%E3%81%8A%E9%87%91-%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E5%AF%84%E4%BB%98-%E8%B2%AF%E9%87%91%E7%AE%B1-%E7%8F%BE%E9%87%91-%E9%87%91%E5%B1%9E-230265/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。