体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SW制作スタジオ訪問その1:「初期構想は頭に翼が生えていた」“BB-8”をデザインしたスタッフを直撃!

img_1655

いよいよ12月15日(金)に全世界同時公開を迎えるシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。本作は、前作『フォースの覚醒』で初登場したコロコロ系ドロイド「BB-8」がどの様な活躍をするのかも注目ポイントとなっています。

今回、筆者は『スター・ウォーズ』シリーズの映像を作っているインダストリアル・ライト&マジック、通称「ILM」を訪問。BB-8をデザインしたクリスチャン・アルツマンさんにお話を伺ってきました! ちなみにこのクリスチャンさん、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ』では「K2-SO」を担当しているそう。愛らしいドロイド生みすぎでしょ!(最高)

img_1649

——早速なんですが……日本にはたくさんのBB-8ファンがいます!

クリスチャン:アジア中で、BB-8がとても人気があるのは聞いたことがあるよ! そういったことを知るのはうれしいよ。映画が公開された時に、関連商品を見始めたけど、BB-8がいかに多いかに驚かされた。BB-8のバックパックに、BB-8のカップとかね。「オーマイゴッド!彼はいたるところにいるキャラクターなんだ」となったよ。彼をデザインしてる時は、僕はそれがそんなにすごいことになると思っていなかった。

——私たちはすでに、BB-8について色々な事を知っていますが、BB-8について、何か私たちが知らないことを教えてください!

クリスチャン:何か新しいことがあるかな……多分、いくつか新しいことが次の映画に出てくるけど、それについては話すことは出来ないんだ。公開まで待たないといけないね(笑)。

img_1651

——このデザインはBB-8のキャラクターデザインの推移ですね?

クリスチャン:この白黒のものはBB-8の初期のデザインだよ。J・J・エイブラムスが、二つの丸のドローイングが描かれた小さなポスト・イットを送ってきたんだ。そして、僕は、「彼は回転するドロイドが欲しいんだな」と思った。そこで僕は、回転できる違う形の違うドロイドをいくつもトライした。それから、多分数週間後に、これ(カラーのデザイン)に進化したんだ。

最初から、僕はずっとオレンジを使っていた。なぜなら、僕はオレンジが好きなんだ! 僕は、オレンジが、オリジナルの映画とこの作品を結ぶパーフェクトな色だと感じた。オレンジは、どこか1970年代の色なんだよね。でも今また、再びとてもポピュラーになっている。ほとんど一番最初から、BB-8にオレンジの要素を使っていたんだ。

——その形(白黒のデザイン)から、その形(カラーのデザイン)までどのくらいの時間がかかったのですか?

クリスチャン:そうだね。多分全部で3週間だね。最初、僕らは「レイを追いかける小さなドロイドがいるかもしれない」というのは知っていた。でも、僕は小さな宙に浮いているドロイドをやっていた。だから、最初のいくつかのBB-8のイメージでは、僕は宙に浮いているものをやろうとしたんだ。僕が一番最初にやったものは、実際、BB-8の頭に小さな翼が二つあるものだった。それは彼女の横を飛び回るんだ。映画の中で、友達のようなドロイドをやるのは、僕にとって初めての試みだった。

——「フォースの覚醒」が公開された後、多くの人たちがこのキャラクターを大好きになりました。彼はとても可愛いですが、彼を可愛く見せるために何か工夫をしたのですか?

クリスチャン:多くの場合、普通のデザイナーたちは、角ばったものや尖ったものは、悪い卑怯なキャラクターに使うんだ。でも、丸くてソフトなもの、あなたが抱きしめられるものは、普通は、とてもイノセントなキャラクターに使う。実際、彼が転がる形になるということで、すぐに僕らは、彼がとても可愛くなるのは分かっていた。それから、大きな一つの目も、そういったことを邪魔したりしない。それはまるで子犬か子供みたいなんだ。その目はずっと、頭の大きさに比べて大きい。だから、そういったすべてのトリックを用いたよ。僕らはまた、僕らがそれを知っていたか、ただそれをやったのかわからないけど、僕はいつも彼をR2-D2よりも小さくした。だから、彼のサイズにも何かがあるね。特にR2-D2の隣にいると、R2-D2が大人に見えて、BB-8は子供のように感じる。そういったことも役立ったと思う。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。