体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「父上、朝っぱらから姉上と何をしているのですか!?」 オスの直観?息子の異変に気づく父……息子が目撃した衝撃の現場 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

オスの直観?息子の異変に気づく父

台風のおかげで絶世の美女・紫の上をチラ見出来た源氏の息子・夕霧は、すっかり彼女に魅せられてうわの空。翌日も、まだ夜も明けないうちからそそくさと六条院へやってきました。「夕霧が来たようだ。ずいぶん早い時間なのに」。源氏の言葉に紫の上が何か返答していますが、内容は聞こえません。わかるのは、2人がうらやましいラブラブ夫婦だということだけ。

源氏は昨日、秋好中宮の方には何も気を回さなかったことを反省し、夕霧に手紙を持たせます。帰って来て夕霧は「中宮様はとても怯えていらしたそうですが、お見舞を頂いてやっと人心地がつきました、とのことです」。

源氏は「繊細なお方だからね。気が利かなくて申し訳なかった。今からでもご挨拶に行こう」と、着替えのために部屋の中に引き返します。

源氏がめくった御簾の奥には、美しい衣の袖口がチラリ。几帳を立ててあるのでハッキリわかりませんが、夕霧の心は(あれは紫の上さま!)とドキドキ。(い、いけない!!これ以上見ちゃダメだ)とわざと視線をそらしたりして、ひとりで大騒ぎです。カワイイ。

念入りに支度をした源氏が出てきても、夕霧の眼差しは父の方ではなく、めくられた御簾の奥にピタリと合っています。おや?

鋭い源氏はそれを見て不審に思い、再び室内に引き返して「昨日、夕霧に姿を見られたんじゃないか?あっちの戸口が空いていただろう」。紫の上は顔を赤らめながら「まさか。渡り廊下の方からは何も聞こえませんでしたわ」と否定します。

「そうだろうか、おかしいな」。源氏は納得が行かないまま、夕霧をお供に秋の御殿へ移動。夕霧から紫の上を最初から遠ざけておいた周到さもさることながら、ここでもオスの直観とも言うべきものが働いていて、ちょっと怖いくらいです。

「父娘で一体何を!?」息子が目撃した衝撃の現場

中宮を見舞ったあと、源氏はそのまま冬の御殿へ。明石の上は台風一過にもののあはれを感じ、しっとりと箏の琴などを演奏していましたが、源氏のお出ましと聞いて素早く身支度します。リラックスした部屋着の上に一枚上着を来て、きちんとみせる。こういうときにも常に気配りを欠かさないソツのなさです。

ところが、源氏は通りいっぺんのお見舞を言ったあと、すぐに席を立ちます。(せっかく来てくださったと思ったら、それだけ?)明石の上はがっかり。どうも、こちらはちょっとご無沙汰のようですね。

源氏が明石の上もそこそこに来たかったのは、もちろん玉鬘のところです。風の音で眠れず、明け方ようやくうとうとした彼女は、今やっと起きて朝のメイク中。源氏はひっそりと部屋に入ります。

風のために屏風や几帳も片付けられていたところに、朝日が差して玉鬘の美貌が輝きます。ふっくらした薔薇色の頬はつやつや、こぼれかかった黒髪に映える白い肌。

ついでに、目元がくっきりしていてちょっと品がなく見える、とも表現されていますが、今で言う目力美人なのでしょう。

源氏は近々と玉鬘に寄っていき、朝っぱらから口説き文句を連発。玉鬘はプイッとして「また困ったお話。私、昨日の風に吹かれてどこかへ飛んでいってしまえばよかったですわ」

源氏は面白がって「おや、風に吹かれて誰のところへ行くつもり?」。玉鬘も思いがけず本音を言ってしまったのがおかしくて、自分で吹き出してしまいます。笑った顔がまた可愛い!

夕霧は外で待っていましたが、父がなかなか出てこないのと、前から評判の玉鬘を見たい好奇心にかられて、覗きを実行。片付いた室内と朝日のおかげで、彼がハッキリと見たのは、父と姉がイチャイチャしている姿でした。まだ午前中ですよ!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy