体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

笑いの三大祭典を比較……最高満足度は?

▲TBS「キングオブコント」公式HPより

今年もM-1グランプリが開催され、とろサーモンがコンビ結成14年目にして優勝を飾った。これによって、今年のお笑い三大グランプリの結果が出たことになる。

ピン芸人No.1を決める「R-1グランプリ」、コントNo.1を決める「キングオブコント」、そして漫才No.1を決める「M-1グランプリ」、それぞれの満足度を毎日2400人からテレビ番組の調査を行っているテレビウォッチャーの数値を元に比較してみた。

2017年満足度トップは「キングオブコント」

「キングオブコント」 満足度3.66
「M-1グランプリ」 満足度3.54 
「R-1ぐらんぷり」 満足度3.24

三大グランプリで最も高い満足度を獲得したのは、かまいたちが優勝を飾った「キングオブコント」であった。「キングオブコント」はかまいたちが優勝したものの、最も視聴者にインパクトを残したのは、にゃんこスターである。お笑いグランプリは、その分野での1番を決定するという目的はあるものの、新人の発掘も大きな目的のひとつである。

「R-1ぐらんぷり2017」の優勝者、アキラ100%もブレイクしたものの、きっかけは昨年大晦日に放送されたガキ使「笑ってはいけない」であり、「M-1グランプリ」優勝のとろサーモンも、既にテレビで度々見かける顔であった。

キングオブコント直前までは全くの無名であったにゃんこスターがいっきにブレイクしたことから考えても、新人発掘という意味では、今年のお笑いグランプは「キングオブコント」が群を抜いており、満足度に大きく関わっているものだと思われる。

男性満足度の高さも決め手か

男女別の満足度は以下のようになっている。

「キングオブコント」 男性満足度3.77 女性満足度3.56
「M-1グランプリ」 男性満足度3.57 女性満足度3.51
「R-1ぐらんぷり」 男性満足度3.19 女性満足度3.29

女性満足度に関してみると、「M-1グランプリ」と「キングオブコント」はさほど差は無いが、男性満足度に関してはみると「キングオブコント」が頭ひとつ抜けており、全体の満足度に反映したようだ。

そして、「キングオブコント」で高い満足度を提示した男性の意見をみると「確かに優勝はかまいたちで間違いないと思うが、インパクトでは明らかににゃんこスターに負けてしまっている。こりゃ、優勝しても、2位の方がブレイクするパターンだな」(42歳男性)「にゃんこスターのコントが、インパクトがあって面白かった」(35歳男性)など、にゃんこスターを絶賛する意見が多く見られた。

お笑いとは違った注目の集め方をしたものの、にゃんこスター、特にあんごら村長の男性人気が満足度に現れたようである。

まとめ

テレビウォッチャーの満足度調査をみると、2017年に開催された三大お笑いグランプリを制したの「キングオブコント」であった。

ただし今年は、女性芸人のNo.1を決めるグランプリ「女芸人No.1決定戦 THE W」が残されており、新たなスターが発掘されるのか、どのような満足度を記録するのか、楽しみである。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: テレビウォッチャー) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。