体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知らないと恥!飲み会マナー|Pacomaマナー道場

知らないと恥!飲み会マナー|Pacomaマナー道場

飲み会の席で、少し気が緩んでくるとマナーなどを忘れがちになることがありますね。乾杯の仕方や、お酌の作法、上座下座といった座席のルールなど、初心者向けのマナーを改めておさらいしておきましょう。接待のときにも役立つマナーばかりですよ!

おさえておきたい! 飲み会マナー7選

飲み会のマナーにも細かく見れば数多くありますが、特に大事な7つのポイントに絞ってご紹介します。とりあえずはこのマナーを押さえておけば、飲み会や接待で恥をかくことはないはずです!

【マナー1】席に座る時は上座・下座を意識する

基本は出入り口に近い席が下座で、遠い席が上座となります。必要以上に席を譲り合って時間をかけては雰囲気を壊しかねないので、事前に席順を決めておくのもいいでしょう。

【マナー2】乾杯のグラスは控えめに掲げる

乾杯でグラスを合わせる際、気をつけたいのは相手のグラスとの“高さ”です。
目上の人との乾杯の時、ワイングラス以外は、グラスを両手で持ち、相手のグラスの位置よりわずかに下で合わせるようにします。極端に下げる必要はありません。
同じ高さで乾杯すると、あなたと私は対等という意思表示にとられてしまうことがあります。

しかし、正式にはグラス同士を合わせて音をたてることはしません。
公式なパーティーや高級レストランで使われている、薄はりで壊れやすそうなグラスやワイングラス同士を合わせると、グラスが傷ついたり割れてしまう可能性があります。
この場合は「乾杯」の発声の後、グラスを目の高さまで持ち上げて、相手の方と目を合わせ、会釈するだけでOKです。

【マナー3】料理を食べる際も上座や隣席に注意!

© PIXTA

目上の人よりも先に料理に箸をつけてしまうのは失礼にあたります。
料理を食べる際は、上座の様子にもしっかりと目を配りましょう。

大皿料理を小皿に取る際にも注意が必要です。
隣の人の前を遮るようにして料理を取ることはマナー違反です。
料理の近くにいる人に丁寧にお願いをして取ってもらうのが正解。

また、料理を口に運ぶとき、箸の下に手を添えるのも正しいマナーではありません。
小皿を持って、下に添えるのがよいでしょう。
小皿がない場合は、代わりに「懐紙」を使うとスマートです。

箸には、ほかにもさまざまなマナーがあります。
詳しくはこちらの記事をチェックしてみて!

【マナー4】タバコは中座して喫煙所で

あなたが喫煙者であるならば、飲み会の間だけはタバコを我慢するのがもっとも角を立てずに過ごす最良の策であり、社会人としての気遣いといえるでしょう。もしくは中座して喫煙所で一服する気配りが欲しいところです。その際、出入りしやすい下座側に座るという配慮も忘れずに。

自分はタバコを吸わないけれど、周囲に喫煙者が多い場合もありますね。
タバコの煙が気になるときの一つの解決策としては、事前に幹事さんに喫煙者から遠い席にして欲しい旨をお願いするという方法があります。席次を気にする場合は、途中でトイレに立ち、戻った時にさりげなく席を変更するという手もありです。

【マナー5】〆の挨拶は「二番目に高い役職」の人に

会社の飲み会では「はじめの挨拶」「乾杯の挨拶(音頭)」「〆の挨拶」があります。それぞれ誰が挨拶をするのか目安があるのをご存知ですか。

はじめの挨拶は<役職が1番高い人>

乾杯の挨拶(音頭)は<役職が3番目に高い人>

〆の挨拶は<役職が2番目に高い人>

もし、はじめの挨拶がないような会の場合は、乾杯の挨拶を一番高い役職の人が行い、〆の挨拶を二番目に高い役職の人が行うのがいいでしょう。

迷ったら自己判断するよりも幹事や上司に相談するのがベストです。

【マナー6】お会計のマナー

支払い伝票は目上の人に受け取らせないのが一般的です。
幹事がいる場合は幹事が受け取り、いない場合は目下の人が受け取り、金額を確認し精算の準備をします。

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。