体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、新アプリ「Google Go」と「Files Go」を正式版として提供開始

Google は 12 月 5 日、新興市場向けの軽量版検索アプリ「Google Go」と、高機能なファイル管理アプリ「Files Go」を正式にリリースしました。両アプリも既にご紹介したアプリで、Google Go は「Google Search Lite」をリネームしたもの。Files Go はしばらくベータ版として提供されていましたが、このほど、どちらもベータが取れて正式版に昇格しました。Google Go全ての Android スマートフォンにインストールされているフルバージョンの Google アプリとは異なり、「Google Go」は検索に特化した内容で、アプリサイズは 4MB にも満たず超軽量。アプリ内ブラウザを備えており、Google 検索で探した WEB ページを低速なネットワークでも高速に表示することができます。Files Goストレージの管理機能や直接端末同士でファイルを送受信できる便利な機能を備えたファイルビューワアプリです。ベータ版の頃からアプリは日本でも使用可能です。「○○ クリーナー」といったキャッシュクリア系のアプリをストアでよく目にしますが、Files Go ならその機能も担ってくれるので、別途アプリをインストールすることは不要になりそうです。「Google Go」「Files Go」(Googel Play)※ Google Go は日本ではインストールできません。

■関連記事
スマートフォンのストレージはついに512GBへ Samsungが「512GB eUFS」ストレージの量産を開始
Kawasakiの公式Androidアプリがリリース
Huawei Mate 10 Proのダークテーマを再現したEMUI用テーマが公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。