ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『スター・トレック』ファンの想いがギッシリ! 45周年の記念誌が完成

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


昨年、2011年は、SFドラマ『スター・トレック』(宇宙大作戦)がアメリカで放送開始されて45周年。それを記念して、この度、日本のスター・トレックファンが記念誌を作成した。

『スター・トレック』とは、プロデューサー、ジーン・ロッデンベリー氏によって生み出されたSFドラマ作品で、わずか3年で幕を閉じたにもかかわらず、多くのSFファンに支持されている。その後、アニメ版『スター・トレック』を経た後、『新スター・トレック』(Star Trek: The Next Generation, TNG)、『スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン 』(Star Trek: Deep Space Nine, DS9)、『スター・トレック:ヴォイジャー』(Star Trek: Voyager, VGR)、『スター・トレック:エンタープライズ』(Star Trek: Enterprise, ENT)、と、テレビシリーズが作られ、映画も11本が制作されている、さらに、来年公開に向けて、11作目を監督したJ・J・エイブラムスが12作目の撮影に入っている。

しかし、日本において、『スター・トレック』の知名度は今ひとつである。タイトルに『スター』がつき、宇宙の戦艦モノと聞くと、みんな『スター・ウォーズ』の方に考えが行ってしまうのではないだろうか? そんな状況を憂いだファンが、活動を開始したのが『スター・トレック45周年記念プロジェクト』である。


昨年秋葉原において、『スター・トレック』の主役、ジェームズ・T・カークの声を演じた矢島正明氏、『DS9』で謎を秘めた宇宙人、ガラックの声を演じた大川透氏らが招かれ、45周年記念イベントが開催された。『ST45―スター・トレック45周年記念誌―』は、計232ページ、総寄稿者数60名ものボリュームと充実感で、日本のスター・トレック ファンの想いを凝縮した記念誌として作成されている。

今回はファンからの寄稿の他、スペシャルゲストも登場している。『スター・トレック:宇宙大作戦』スールー(カトウ)役のジョージ・タケイ氏や、カーク船長役の矢島正明氏をはじめとする日本語版声優陣、日本語版演出の佐藤敏夫氏。そして『スター・トレック:ザ・ネクスト・ジェネレーション(新スター・トレック)』テクニカルアドバイザー・イラストレーターのリック・スターンバック氏など、スター・トレックシリーズに関わる計15名が、インタビューや寄稿で登場する。


記念誌は、日本のスター・トレックファンのコレクションや紀行文からクロスワードパズル、ボードゲーム、果ては新作の企画書まで、そのすべてがスター・トレック愛にあふれた原稿で構成されおり、実際に制作に関わってきた矢島正明氏や日本語吹替版ディレクターの佐藤敏夫氏、さらにスールー役のジョージ・タケイ氏のインタビューに加え、メカニカルデザイナーのリック・スターンバック氏や日本語版キャストたちからのメッセージなども掲載。誰が読んでも満足のいく作品になっているようだ。ファンの方はもちろん、今まで知らなかった方も、想いの詰まったこの記念誌を是非、手にとってご覧になってみてはいかがだろうか。

スター・トレック45周年記念プロジェクト
http://st45.com/

●冊子概要
タイトル:『ST45 ― スター・トレック45周年記念誌 ―』
制作・編集:ST45記念プロジェクト実行委員会
仕様:B5判 オフセット/232ページ
寄稿者数:計60名

カテゴリー : エンタメ タグ :
渋市飛鳥の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP