体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【40代男の就職】フリー歴17年! 裏社会ライターは世間に受け入れられるか?‐第3回‐

オッサンの就職大失敗の連続

前回は、裏社会ライターと知りながら、なんと入社させてくれようとした会社の面接に出向き、チンプンカンプンな筆記テストの用紙を液体ワイドハイターに漬け込んだかのような白紙解答で提出し、見事玉砕!

しかも、連載がはじまって知らない間に、御年41歳になってしまったこの男。ひとりでの排泄もままならないおじいちゃんになってしまい、さらにミドルエイジの就職なんて夢のまた夢だ。

しかし、新生児も生まれ、我が家の大黒柱として、のほほんとバカライターをやっているわけにはいかない。なにせ、私には、“家族を養う”という無茶すぎるミッションがあるのだから!

前田吟主演の『看護婦の父ちゃん、頑張る!』という映画じゃないけれど(誰が知ってるんだ)、父ちゃんは家族を養うため、そして、退社時間に「あのぅ、丸野さん、今晩って女子会があるんですけど、一緒にジビエ料理食べに行きませんか? 丸野さんのことがすっごく知りたくって…モジモジ」という20代前半の新卒OLたちに誘われて、
ひょっとしてオレがジビエで食われちゃったりして、尻にローリエとかローズマリーとか詰め込めれちゃったりして…」なんて夢を叶えるために純粋に就職活動をしなくちゃならんわけで!

©写真AC

しかしまぁ、前回までの連載を読んだ関係者各位は、

「おまえに会社に入られたら迷惑だろう!」

「船会社に就職して、蟹工船に乗れ!」

「一般常識のテストが解けないやつに何ができるんだ!」

「おい磯野! 空き地で野球やろうぜ!」

「ブラック企業でも嫌がるわ!」

などなど、激励の言葉をたくさん頂戴し、いやはやうれしい限り。

だが、この後、またまた登録していた転職マッチング会社から一通のメールが届くわけで…

積極的に会いたいとのアプローチ

【丸野裕行様 この度は当社の転職マッチングサイトにご登録ありがとうございました。
早速ではありますが、丸野様のご経歴に大変ご興味を持たれた企業様がぜひともご面談したいとの…】

なんともまぁ、捨てる神あれば、拾う神ありというやつだ。こんな経歴で、一年に数回はおしっこした後に尿漏れがじゅわ~っと琵琶湖みたいに広がる男に興味を持つ企業もあるものなんだな。実際にそのぬれそぼったパンツを持参してみせてあげよう…、いや、やめておこうか。

依頼されていた原稿を脱稿し、最近ハマっている自家製の焼き鳥の串打ちを終え、すぐに履歴書と職務経歴書を準備、面接希望日を送信する。なんでもWebの制作会社らしい。う~ん、聞いたことないなぁ。まぁでもいいや。すぐさま返信があり、面接が明後日の午後と相成った。

大阪の中心部某所。会社はオフィス街のど真ん中のビルのなかだ。一階には、古い油を使っていそうな唐揚げ居酒屋の店が入っている5階。エレベーターであがり、社名のあるドアを入ると、殺風景なオフィスに受付用の電話がある。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会