体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未来始まりすぎ!Pepperくんが2.0へ進化し接客ロボを超えた存在に!SoftBank Robot World 2017 展示レポート

2017年11月21〜22日、ベルサール汐留にて「SoftBank Robot World 2017」が行われています。目玉は2.0に進化したPepperの事例やお仕事紹介です。AIと組み合わせてお客様に最適なワインを選んでくれたり、店員に代わり注文を承ったり、インバウンド対応、運送会社のドライバー問診など、「ここまでできるのか?」なことばかり。

すっかり身近になったPepperくんが描く未来を見てみましょう。

・完全に人。音声学習で知らない単語を覚えるPepperくん

展示を見て一番驚いたのが、こちらのPepperくん。接客ツールとして活躍するのですが、お客さんに知らない単語を言われると、そのときは「ごめんなさい、わかりません」と返すのですがそのワードを覚えていて、あとからスタッフに「トンカチどこ?って言われたんですが、トンカチってどういう意味ですか?」と聞きます。そこでスタッフは「トンカチは金槌と同じものよ」って教えてると、次回お客さんに「トンカチどこにありますか?」と聞かれたら金槌コーナーを案内できる。そんなことができちゃうんです。

新人アルバイトのように、みんなで教えられるので、愛着もわきますし、なによりPepperくんすごい。

Pepper2.0はアプリの設定がとてもやりやすくなっていて、何か仕様変更の度にエンジニアを呼ばなくて良いんです。それどころか、音声で新しいことを覚えられるって、凄すぎるなぁ。未来だなぁと感じます。

・Pepperくんが元気で動いている

入場すると、いきなり動き回るPepperくんに会えます。なんか元気そうに動き回っています。動く機能自体はすでに導入されていたようですが、店頭で見かけるPepperくんは動かないものも多いので、なんだか新鮮な感じ。 動き回りながらプレゼンしています。なんだかいきいきしているし、人間みたいな動き……。これは凄そうだぞ。

・AIと連携し好みのワインを選んでくれたり、運転手さんの出発前のヒアリングをしてくれたり

こちら、AIソリューションを提供するユニット「すまのべ」さん。SENSYと組んで、試飲してもらったワインから好みのワインを選ぶ。という仕組みを提供しています。 3本試飲した(と想定)僕のワインの好みはこちら。「余韻と渋みに鋭い感覚をお持ちです」……なんか照れる。 一緒に食べたい料理や、価格帯を選択すると、好みであろうワインを選んでくれます。ソムリエですねこれは。しかも、アプリを使うと自分の好みを保存できるので、その情報をPepperくんに読み込ませて、好みのワインを提供していただく……なんて使い方もできます。未来。
1 2次のページ
Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。