体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【裏業界人のゴハン】裏稼業の数だけメシがある!丸野裕行の『ウラメシ』!‐第2回‐

ランチを覗けば、ウラの人生が見えてくる! 裏業界で働くオトナのごはん、それが「ウラメシ」!

どうもこんにちは! 裏社会ライターの丸野裕行です!

最近、新聞って読まなくなってきたなぁ…と感じているんですが、紙媒体よりもWeb媒体の方が嵩張らないし、スマホで簡単に読めてしまうので、時代の流れだなぁなんて思っています!
みなさんは段々と肌寒くなっていく中、いかがお過ごしですか?

でも、こんな時代でも、毎朝新聞片手に朝食を摂ったりトイレに籠る人はいる!
まだ夜が明けきらない中、早朝に自転車や50㏄カブで疾走している人をよく見かける!そう新聞配達員ですよね!

様々な新聞販売店が減る中、まだまだ元気に部数を増やしているところもあります。そこにはもちろん、働いている人がいる!
今回は、配達員ではなく、販売店を裏舞台で支え続けているという新聞拡張員さんにスポットを当ててみました。意外な闇に包まれる新聞拡張員の世界を、ちょっとのぞき見してみましょう!

やってきたのは、京都にあるアパート。
拡張する新聞名は控えますが、ここが彼らの住み家
昼の空き時間でどのようなウラメシを食べているのか、ちょっと覗いてみましょう!

拡張団員は借金まみれが多い

新聞拡張員の業務といっても、いろいろと仕事があるようで、早朝から夜まで詰め詰めのスケジュールで動いているということなんですね。

賃貸マンション暮らしなんてしていると、いきなり夜分遅くに訪問してくる拡張員のしつこいこと、しつこいこと。本当に迷惑な連中ですが、実はそのエリアごとに新聞配布を取り扱っている配達所、販売所の人間以外らしいんです。
なんと、彼らの所属は“新聞拡張団”。厄介な新聞屋の勧誘は、この“新聞拡張団”の人間たちの仕業なんです。

今回ご協力いただいたのは、現在京都南部の拡張団員として活動している道場隆文さん(仮名、43歳)。

果たしてどういった人間たちが、“拡張団”に入るのでしょうか?

道場さん「そうやねぇ~、スネにキズを持つ人間が多いよね。闇金融にまで手を出して、借金が返せない男たちや女たちが多いかなぁ。“団”にほうりこまれて、客に強引に契約を取らせるように仕向けるという感じで、返済させるという仕組みやね。元ヤ〇ザとか病気を患った肉体労働者とか、スポーツ新聞の三行広告で集まったやつらとか。なにかの過去がある人間ばっかりやね。ええ、僕も元懲役です」

あっけらかんと前科を話す道場さん、なんとも頼もしい限り! 

なんでも、元々は販売所のお仕事というのは、配達とか集金がメイン。契約を取る営業ができないという理由で、販売所も拡張団にしょうがなく頼んでいるという感じなんだそうです。販売店で営業を取れば安くあがりますが、団に頼むと高額の契約代行料を取られるそうです。3ヵ月契約で4千円程度支払わないといけないので、販売所も大変なんだそう。

しかし、拡張員も必死。拡張団に自分の借金の肩代わりをされ、夜討ち朝駆けで毎日借金返済のために、マンションやアパートを訪問しまくり。高熱や持病が出ようが、寝起きする団寮の布団から叩き起こされ、毎日営業活動にいそしむそうです。大変ですね!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。