体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

乃木坂46・秋元真夏ら3名が、SHOWROOMの特番で東京ドーム公演を振り返る!

2017年11月10日、仮装ライブ空間『SHOWROOM』内の特番に、乃木坂46の秋元真夏・堀未央奈・久保史緒里の3名が出演した。

『SHOWROOM』とは、仮想ライブ空間の中で、 無料で誰でもライブ配信&視聴ができるライブ配信プラットフォーム。48グループメンバーも個人配信を行うなど、アイドルシーンではファンとアイドルの交流の場としてもその名をとどろかせている。また、地上波テレビの出演やファッション誌でのモデルデビューなど、常時様々なイベントも開催されており、夢を叶えたい人と、それを応援したい人が集まる空間として、盛り上がりを見せている。

今回の特番では、乃木坂46の秋元真夏・堀未央奈・久保史緒里の3名が出演し、先日開催された東京ドーム公演の映像を見ながら、各曲の思い出を振り返った。

掘は、自身のセンター曲『バレッタ』について「まさか、東京ドームで歌えるとは思わなかった。」と話し、ファンからは「バレッタすごくよかった!」というコメントが多数寄せられた

3期生楽曲『三番目の風』について、「3期生はリハーサルから全力でやってたから、 緊張とかしなかったの?」と秋元が久保に尋ねると、「逆に緊張しすぎて、リハーサルも本番と同じように全力で、お客さんがいないのに手を振ったりしていました」と、リハーサル時のこぼれ話を語った。

更に、秋元は「『ガールズルール』のイントロでやる、まいやん(白石麻衣)の『いくぞー!』っていう煽りがすごい好きで、後ろから”今日もやってる!”って思いながら見ていました。今度どこかのコンサートで真似してみようかな、怒られるかな(笑)。 」と、白石の煽りへのあこがれを語った。

2日目のWアンコールで披露した『きっかけ』については「メンバー自身が歌いたいという思いが強くて選ばせていただいたんですけど、曲中、卒業する万理華(伊藤万理華)とひめたん(中元日芽香)を自然とメンバーみんなで囲んでて、いろんな思いがこみ上げてグッときてしまった。」と卒業する3人のメンバーについての思いを振り返り、メンバー間の絆の強さが伝わってきた。

最後に今回の東京ドーム公演を振り返り、メンバーそれぞれが感想を述べた。 秋元は「また次に東京ドーム公演をする機会を作って、今回ドームに来られなかった人たちに来てもらうことが私の夢なので、もっと高みを目指して頑張っていきたい」と語り、 秋元おなじみの「ずっきゅん!」で番組を締めくくった。

コミュニケーションの場としても知られている『SHOWROOM』だが、テレビに変わる放送・発信の場としても段々とその地位を確立してきているようだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会