体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たべる。いのち、めぐる。オリーブの島・小豆島、自然とのつながりを思い出す旅

「オリーブの木に食べさせていただいて、この島で生きている」

香川県・小豆島(しょうどしま)でオリーブ染め工房を主催する、高木加奈子さんの言葉だ。

染色のためだけにオリーブの木を切るようなことはしたくない、という。そのため、オリーブ剪定後の枝を捨てずに煮出し、布を染める。煮た後の枝葉も捨てず、土に還して栄養にする。

捨てない。最後まで生かしきる。小豆島では、今まで捨てられてきたものを活用し、最後は土に還す、いわゆる循環型農業が営まれている。そのおかげだろうか。小豆島を旅していると、なんだか、自然とのつながりを思い出せる気がして落ち着くのだ。そんな旅のようすを、今回はご紹介したい。

「どうやったら食べてくれよるかな」オリーブ牛誕生物語

オリーブオイルをしぼった後は、ペースト状のオリーブ果実が残る。それを捨てず、肉牛のエサとして活用することで、オレイン酸たっぷりのブランド和牛“オリーブ牛”を作り出したのが、小豆島オリーブ牛研究会会長・石井正樹さんだ。

オリーブ果実を食べて育った牛なら、オリーブオイルのようにあっさりした脂で、香りも良い。だが、オイルをしぼった後のオリーブをそのまま与えるだけでは、牛たちが食べてくれない。

「2日経っても、3日経っても、食べてくれんわさ。どうしたら食べてくれよるかな、思て」

石井さんは悩んだ。そんな中、近所のおばあさんが渋柿を干しているのを見て、ひらめいた。ペースト状のオリーブ果実を乾燥させれば、オリーブの甘みが引き出せるのではないか?

オリーブを煎ると、カラメルのような香りがつき、牛たちが餌箱をなめつくす勢いで食べるようになった。

「(今までは)ベロで、ピュッとよけよったものを、(煎ると)パッと食いついてくれよって……」

料理:島宿 真里(http://www.mari.co.jp/)

こうして育ったオリーブ牛は、オリーブの抗酸化作用を引き継いでいる。香川県の調査によると、和牛平均を100とした場合、オリーブ牛のカルノシン(抗酸化成分)含有量は2倍、グルタミン酸(旨味成分)は1.5倍となっていたそうだ。

かつて産業廃棄物だった搾油後のオリーブペーストが、今では、おいしい牛のごはん。オリーブを食べた牛のふんも、オリーブ畑に還元され、また次のオリーブを育てる栄養になる。巡る命に思いを馳せて、オリーブ牛を味わうのは、格別の体験だった。

オリーブ牛公式サイト:
http://www.olive-wagyu.com[リンク]

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。