ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

サッカー日本代表の新ユニフォームが不評? ネットでは「キリトリ線」「山折り谷折り」の声

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
JFA

日本サッカー協会(JFA)は、2018 FIFAワールドカップロシア大会に向けた日本代表の新ホームユニフォームを発表。日本の伝統色である深い藍色を意味する”勝色”をコンセプトに一新されたデザインですが、その特徴的な“刺し子柄”に注目が集まっています。

JFA

ネット上では「キリトリ線みたい」「何ですかこのツギハギは」「家庭科の縫う練習みたい」「山折り谷折りとか書いてありそう」などと抵抗を示す意見が目立ち、「点線なきゃ過去最高レベルなのに」「遠目で見るとめっちゃカッコイイ」といった評価も。

ちなみに、この“刺し子柄”には「日本サッカーの歴史を築いてきたすべての選手、スタッフ、そしてサポーター達の想いを紡ぐ」というメッセージが込められているそう。首元には過去5大会のロゴがプリントされており、20年分の思いも背負ったユニフォームであることが表現されています。

そんなコンセプトを耳にすると、なんだか格好良く思えてくるような気も……。この新ユニフォームは、11月10日(金)のブラジル戦で初めて着用される予定。選手が実際に着用して躍動する姿が楽しみです。

※画像はアディダス ジャパン提供

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。