体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

真っ赤に輝くフォトジェニックなウイスキー! 『ブラックニッカ アロマティック』数量限定にて登場

1

真っ赤に輝くフォトジェニックなボトル!
ニッカウヰスキーが製造するウイスキーの主力ブランド『ブラックニッカ』から、数量限定商品『ブラックニッカ アロマティック』が2017年11月21日(火)より登場します。販売予定数量は12,000箱。

『ブラックニッカ アロマティック』数量限定にて登場

新製品の『ブラックニッカ アロマティック』は、華やかな“宮城峡モルト”や、甘く伸びのある“カフェグレーン”などをブレンド。華やかでフルーティーな香り、甘くやわらかい味わいに。

%e3%83%96%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%ab%e6%96%b0%e8%a3%bd%e5%93%81

パッケージはスクエアボトルに赤色のフロスト塗装加工が施され、ラベル中央には『ブラックニッカ』ブランドの象徴である『キング・オブ・ブレンダーズ』と、やわらかい味わいが沸き立つイメージがデザイン。

%e8%aa%ac%e6%98%8e

華やかな香りと甘くやわらかい味わいが香り立つイメージを、“香りが良い”ことを表す“アロマティック”というネーミングで表現。

本年発売した期間限定商品の中で、最も華やかでフルーティーな味わいが楽しめることから、20~30代男性を中心としたウイスキーエントリー層をメインターゲット。

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e3%81%95%e3%82%93

ニッカウヰスキー取締役チーフブレンダー佐久間さんは「まず原酒について説明すると宮城峡モルトは華やかでフルーティーな、そのなかでも桃ような香りのする原酒。カフェグレーンはトウモロコシを原料とした柔らかになかにもしっかりした味わい。カフェモルトは麦芽100%を原料としたふわっとした甘い味わい。その、それぞれの原酒の持つ特徴を際立たせています。」とコメント。

続けてテイスティングでは「柔らかくて甘い口当たり、樽の甘い温かみのある木の味わいが感じられると思います」と語られていました。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3 %e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%b3

発表会の会場ではチョコレートやマカロンが提供。スイーツとウイスキーとを合わせて食べるのも◎。パーティーシーンにもぴったり。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。