体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BitSummitで話題をさらって3年 ついに幻のインディーゲーム『Million Onion Hotel』がiOS版からリリース

BitSummitで話題をさらって3年 ついに幻のインディーゲーム『Million Onion Hotel』がiOS版からリリース

PS『moon』やPS2『チュウリップ』を手がけた木村祥朗氏率いるOnion Gamesが10月16日、『Million Onion Hotel』のiOS版をリリースしました。

milliononionhotel2

2014年に開催された『BitSummit 2014 -京都インディーゲームフェスティバル-』でお披露目され、その年初めて設立された『BitSummitアワード』で“メディア・ハイライト賞”“ビットキング人気賞”の2部門を受賞、会場の話題をさらった注目作品。

開発者が主役となる舞台へ インディーゲームの祭典『BitSummit 2014』レポート
http://getnews.jp/archives/554986[リンク]

milliononionhotel3

フランス出身のアン・フェレロ監督が日本のインディーゲームシーンをテーマに撮影したドキュメンタリー映画『Branching Paths』は、米国で開催されたインディーゲームイベント『Independent Games Festival』に刺激を受けた木村氏が、インディー開発会社としてOnion Gamesを立ち上げたことが制作のきっかけに。本編ではOnion Gamesが『BitSummit』で『Million Onion Hotel』『勇者ヤマダくん』と2年連続で新作を発表、インディーゲームシーンをけん引していく精力的な活動が紹介されています。

日本のインディーゲームシーンをテーマにしたドキュメンタリー映画『Branching Paths』 29日のデジタル配信に先駆け上映会を開催
http://getnews.jp/archives/1497402[リンク]

このように、成長していく日本のインディーゲームシーンを代表する作品のひとつとして、その完成が待たれていた同作。「幻のゲーム」という声もありましたが、奇しくも『moon』の発売から20周年という日付でiOS版がリリースされました。『App Store』で480円で販売を開始。Android版は「対応中」とのこと。

milliononionhotel4 milliononionhotel5

プレスリリースに記載されたジャンルは「アクションパズル&ポエム」というように、ゲーム内容はモグラたたきのように畑のタマネギをタップして消していき、消す条件に応じてアイテムやボーナスステージ、ボスが出現。ストーリーが進行していく、というもの。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy