体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

会話中に「やってはいけない」7つの態度

仕事をしていると、お客様や上司・同僚と話す機会はたくさんあるため、言葉遣いに気をつけている人は大勢います。

しかし「話すときの態度」に気をつけている人は案外少ないものです。いくら言葉づかいに気をつけても、話を聞くときの態度が悪ければ、話をきちんと聞いてないと思われて失敗することもあります。会話は、「話の聞き方」で180度評価が変わることもあるのです。

そこで今回は、広告代理店勤務時代に3,000人以上のVIPと交流し、彼らの話の聞き方を研究している「気配り」のプロフェッショナル・後田良輔さんに「デキる人の話しの聞き方」について話を伺いました。

f:id:tany_tanimoto:20171013142827j:plain

会話上手は「相手に重要感を与えている」

昔から「話し上手は聞き上手」ということわざがあるように、会話上手は、自分が話すことよりも、人の話を聞くことを意識的に行っています。しかし単に相手の話を聞けば良いわけではありません。デキる人は「相手に重要感を与えること」をゴールに設定し、質問し、耳を傾けています。そして「あなたに大変興味がある」という姿勢で、相づちや追加の質問をしています。つまり単純に雑談を交わすだけでは、話をきちんと聞いたことにならないのです。

そしてデキる人が意識している「重要感を与える聞き方」は、「これだけはやってはいけない」というNG項目を回避するだけで9割演出できます。どんなにビシッとカッコいい服でおしゃれしても、ズボンのチャックが開いていたらすべてが台無しになるように、話を聞く時にも「これをやったらおしまい」というNG項目が存在しています。全部で7つありますので、覚えてください。

やってはいけない1「目を見ない」

「目は口ほどにものを言う」と言いますが、同じ話でも目を見ながら聞かれるのと、視線を外されて聞かれるのでは、相手が抱く印象はまったく異なります。真面目な話をしているのにパソコン作業しながら、あるいはスマホをいじられながら聞かれたら、腹が立ちますよね。

逆に目線を合わせてじっくり話を聞かれるだけで、話し手が感じる「聞いてくれている感」は2倍も3倍も膨れ上がるものです。しっかりと目を見て、アイコンタクトを取ることは、自分のためでもあり、相手のためでもあるのです。

やってはいけない2「話を先読みする」

相手の話を聞いているとだんだん流れがわかってきて、「恐らくこの結論に行きつくだろう」と予想できる時があります。だからといって「つまり、○○ということですよね」などと切り返すのは失敗のもと。話を聞くということは、内容を理解すれば良いということではなく、「相手に100%話をさせる」という行為です。

たとえ相手がゆっくり話す人であなたがイライラしたとしても、相手のペースに合わせましょう。相手はあなたのために話を整理しながら、話しているのかもしれません。相手の話すペースに合わせ、そのひと言ひと言に100%集中するのがコミュニケーションの正解です。

やってはいけない3「話の途中で意見する」

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会