体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナログ放送キャラ『アナロ熊』がテレビ朝日『MUSIC STATION』に出演!

analog-ma

なんと! アナログ放送支援キャラクターであり、『2ちゃんねる』をはじめとした多くのサイトやブログで愛されている『アナロ熊』が、テレビ朝日の音楽番組『MUSIC STATION』(ミュージックステーション)に出演したことがわかった。

これから地上デジタル放送(通称・地デジ)を推進していく立場のテレビ局が、アナログ放送支援キャラクターである『アナロ熊』を放送することは異例である。そもそもの話、地デジ化を支援するキャラクター・地デジカでさえまだCDや着歌デビューしていないのに、もうすぐ終了するアナログ放送のキャラクターがデビューしてしまうとは、テレビ業界からすればなんとも自虐的である。

アナロ熊の誕生についてオリコンでは、「誕生の背景には、民間放送連盟が「“地デジカ” の無断美少女イラストに“断固として許さない”」と2次創作を許可しないとコメントしたことがあり、これに対抗する意見がインターネット内に溢れ、その中にアナロ熊のアスキーアートが登場」と説明している。確かに、ガジェット通信が電話取材をしたとき民放連は「断固として許しません」と発言していた。

なにはともあれ、『アナロ熊』はかわいいキャラクターであり、その曲もユニークでほのぼのした楽曲でもある。ひとつのキャラクターとして、今後も人気者であり続けてほしいものだが、少なくとも今回の『MUSIC STATION』出演で『アナロ熊』が多くの人たちの目に触れたは間違いない(このニュースの詳細記事はこちら)。

Photo: Taking viewers

■ITエンタメやインターネットのニュースはこちら
『ワンピース』作者に「死ね」メールで逮捕されたGカップ女性がブログ開設
ついに実写版『けいおん!』登場! しかし「出演者にやる気がない」との声も
サザエさんのお茶の間にあるテレビはいつ地デジ対応になるのか?
『週刊ファミ通』の会社からセガ社員に「死ね!」と書き込み
人気ブロガーが集結! 有意義な交流などせずダラダラ過ごす

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会