ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

アナログ放送キャラ『アナロ熊』がテレビ朝日『MUSIC STATION』に出演!

analog-ma

なんと! アナログ放送支援キャラクターであり、『2ちゃんねる』をはじめとした多くのサイトやブログで愛されている『アナロ熊』が、テレビ朝日の音楽番組『MUSIC STATION』(ミュージックステーション)に出演したことがわかった。

これから地上デジタル放送(通称・地デジ)を推進していく立場のテレビ局が、アナログ放送支援キャラクターである『アナロ熊』を放送することは異例である。そもそもの話、地デジ化を支援するキャラクター・地デジカでさえまだCDや着歌デビューしていないのに、もうすぐ終了するアナログ放送のキャラクターがデビューしてしまうとは、テレビ業界からすればなんとも自虐的である。

アナロ熊の誕生についてオリコンでは、「誕生の背景には、民間放送連盟が「“地デジカ” の無断美少女イラストに“断固として許さない”」と2次創作を許可しないとコメントしたことがあり、これに対抗する意見がインターネット内に溢れ、その中にアナロ熊のアスキーアートが登場」と説明している。確かに、ガジェット通信が電話取材をしたとき民放連は「断固として許しません」と発言していた。

なにはともあれ、『アナロ熊』はかわいいキャラクターであり、その曲もユニークでほのぼのした楽曲でもある。ひとつのキャラクターとして、今後も人気者であり続けてほしいものだが、少なくとも今回の『MUSIC STATION』出演で『アナロ熊』が多くの人たちの目に触れたは間違いない(このニュースの詳細記事はこちら)。

Photo: Taking viewers

■ITエンタメやインターネットのニュースはこちら
『ワンピース』作者に「死ね」メールで逮捕されたGカップ女性がブログ開設
ついに実写版『けいおん!』登場! しかし「出演者にやる気がない」との声も
サザエさんのお茶の間にあるテレビはいつ地デジ対応になるのか?
『週刊ファミ通』の会社からセガ社員に「死ね!」と書き込み
人気ブロガーが集結! 有意義な交流などせずダラダラ過ごす

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき