体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Amazon Fire HD10』レビュー プライム会員向けサービスの充実が本体のバリューを向上させた

『Amazon Fire HD10』レビュー プライム会員向けサービスの充実が本体のバリューを向上させた

Amazon.co.jp(以下Amazon)が10月11日に出荷を開始した『Fire』タブレットの新製品『Amazon Fire HD10』のレビューをお届けします。

firehd10rev2

10.1インチ、1920×1200ドットのディスプレー、2GBのRAMと最大1.8GHzのクアッドコアプロセッサを搭載したモデル。価格は32GBのモデルが1万8980円(税込み)、64GBのモデルが2万2980円(税込み)。『Amazon プライム』会員はクーポンを利用することで各製品が4000円引きになり、32GBモデルは1万4980円(税込み)、64GBモデルは1万8980円(税込み)。この記事では32GBのモデルを試用しています。

前モデルが発売されたのは2015年。主なスペック面では下記の違いがあります。

解像度:WXGA(1280×800)→WUXGA(1920×1200)
RAM:1024MB→2GB
CPU:1.5GHz×2+1.2GHz×2→1.8GHz×2+1.4GHz×2
外部ストレージ:最大128GBのmicroSD→最大256GBのmicroSD

2015年モデルから2017年モデルのハードウェア上の進化もさることながら、この2年で大きく変わったのは『Amazon プライム』会員向けサービスの充実ぶり。特に映像と電子書籍のサービスが充実し、10.1インチサイズのタブレットがより魅力を発揮するようになりました。この記事では、プライム会員向けサービスの利用にフォーカスして『Amazon Fire HD10』を使ってみることにします。

大画面で充実の映像コンテンツを楽しむ

firehd10rev3

10.1インチ、WUXGAのディスプレーを最大限楽しめるのが映像コンテンツ。1080p対応で解像感の高い、鮮明な映像を楽しむことができます。2015年に始まったプライム会員向け映像配信サービス『Amazon プライム・ビデオ』は、この2年でオリジナルコンテンツも充実してきたので、映画や海外ドラマだけでなく、オリジナルコンテンツも含めた幅広いラインアップから見たいコンテンツを選択できます。

デュアルステレオスピーカーを搭載し、Dolby Atmos Audioの没入感のあるサウンドに対応。タブレット単体で臨場感のある試聴体験が楽しめます。さらにプライム会員なら、『Prime Music』で聞き放題の音楽コンテンツも利用可能。

firehd10rev4

Amazonタブレット独自の機能『On Deck』を初めて体験してみましたが、意外と便利。『Amazon プライム・ビデオ』やAmazonオリジナルドラマの第1話を自動でダウンロードしてくれる機能で、外出先や移動中でも気軽に映像コンテンツを楽しめます。自分で探すと見つからないコンテンツと出会えるのも魅力。

firehd10rev5

自動でダウンロードした5本の映像ファイルサイズは1.12GBでした。ストレージの空き容量が少ないときは『OnDeck』によるダウンロード済みファイルを自動的に削除してくれるので、ファイル管理に気を使わなくてもよいのが特徴です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会