体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お風呂で読める『Kindle』 Amazonが防水機能と7インチ大画面搭載の電子書籍リーダー『Kindle Oasis』新モデルを発表

お風呂で読める『Kindle』 Amazonが防水機能と7インチ大画面搭載の電子書籍リーダー最上位機種『Kindle Oasis』新モデルを発表

Amazon.co.jp(以下Amazon)は10月11日、電子書籍リーダー『Kindle』の最上位機種『Kindle Oasis』の新モデルを発表。11日から予約受付を開始し、10月末に出荷開始を予定しています。

kindleoasis2 kindleoasis3

『Kindle Oasis』は『Kindle』シリーズ最大の7インチ、300ppiのディスプレーを搭載、シリーズで初めて防水機能を搭載した電子書籍リーダー。バッテリー寿命は数週間で、2時間でフル充電が可能になります。最薄部は3.4mmで、前モデル同様に左右で厚さが異なるエルゴノミックデザインを採用。背面には新たにアルミニウムを採用しました。

kindleoasis4

防水機能は、最深2mの真水に最大60分の浸漬が可能なIPX8等級。お風呂やプールサイドで読むことができます。

kindleoasis5

7インチ300ppiのディスプレーは漫画を読むのにも適するサイズ。日本の漫画で一般的な複数巻にわたるシリーズを、ライブラリで自動でひとまとめにする機能を追加しています。物理ボタンによるページめくりのほか、タッチ操作で可能な“快速ページターン”はページめくりを20%高速化しています。見開きページの前にはボタンを表示して、タップすることで横向きに見開きを全画面で表示する機能を搭載。

内蔵ストレージが8GBのモデルと32GBのモデルをラインアップ。8GB容量では漫画が約140冊、32GBでは漫画が約650冊収録できます。

kindleoasis6

ディスプレーサイズが6インチから7インチに大型化したことにより、前モデルと比べて30%多くの文字を表示可能に。LEDライトは前モデルの10個から12個に増やし、より均一な明るさの画面を実現しています。

kindleoasis7 kindleoasis8 kindleoasis9

皮とファブリックの2種類の素材で、計6色の別売りカバーをラインアップ。カバーはフタを折り曲げてスタンドにすることができます。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。